斬新ドア採用のトヨタ次世代「SUVミニバン」を世界初公開! 車中泊も可能な新「クロスバンギア」の狙いとは

トヨタ車体は2023年10月25日、ジャパンモビリティショー2023でSUVテイストを持ったミニバンのコンセプトモデル「クロスバン ギア コンセプト」を世界初公開しました。新たなテイストを持ったミニバンを開発した狙いはどこにあるのでしょうか。

ミニバンの広さとSUVのアクティブさを兼ね備えた1台

 トヨタグループのトヨタ車体は2023年10月25日、第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023:JMS2023)」で、「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト、以下クロスバン ギア)」を世界初公開しました。

 クロスバン ギアは、SUVテイストを持った新たなミニバンのコンセプトモデルです。
 

斬新ドアがカッコいい! 新型「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」
斬新ドアがカッコいい! 新型「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」

 トヨタ車体の松尾 勝博 代表取締役社長は、10月25日に行われたプレスカンファレンスで、次のように問いかけました。

「クロスバン ギアは、生まれた時からミニバンがある、いわば“ミニバンネイティブ世代”に向けての新しい選択肢です。いかがでしょうか」

 開発に携わったトヨタ車体の担当者は、クロスバン ギアを次のように説明します。

「ひとことでいうと“ミニバン”の広さと“SUV”のアクティブさをあわせ持ったクルマです。

 ミニバンの商品企画については、トヨタと常に提案を出し合いながら議論を交わしていますが、今回のクロスバン ギアについても、次の時代に向けたミニバンの進化の方向性を模索するなかで生まれたコンセプトカーです」

 あくまでも次世代ミニバンの方向性を探るコンセプトモデルであって、パワートレインやプラットフォームなどは特に定めていませんとしています。

 クロスバン ギアのボディサイズは、全長4695mm×全幅1820mm×全高1855mmで、乗車定員は6人。

 ちなみにミドルクラスミニバン「ノア」のボディサイズは、全長4695mm×全幅1730mm×全高1895mm(4WDモデルは1925mm)で、全長4.7m級のほぼ同クラスであることがわかります。

 外観は、SUVらしいテイストが感じられるものです。

「キズに強い樹脂部分とスライドドアのレールに連続性を持たせたことで、フェンダーの張り出し感を強調する役割も果たしています。

 ボディカラーは最近流行りの彩度を押さえた色合いで、これにギア感を加えるためマットな仕上げとしました」トヨタ車体ブースの担当者は説明します。

【画像】めちゃカッコいい! 新型SUVミニバン「クロスバン ギア」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー