無料バイパス「中部縦貫道」28日に9.5km延伸 「首都圏&中京圏‐北陸」の新ルート“残り区間”も建設中

国道158号バイパスの大野油坂道路が、2023年10月28日に九頭竜ICまで延伸します。

勝原IC~九頭竜IC間が延伸

 福井県内で建設が進む国道158号バイパス「大野油坂道路」の勝原IC~九頭竜IC間が、2023年10月28日17時に開通します。

国道158号「大野油坂道路」九頭竜ICの状況。2023年9月撮影(画像:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所)
国道158号「大野油坂道路」九頭竜ICの状況。2023年9月撮影(画像:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所)

 大野油坂道路は、福井県大野市の大野ICから油坂出入口(仮称、油坂峠道路との接続地点)までを結ぶ全長35.0kmの自動車専用道路です。通行無料、標準幅員13m、車道2車線、設計速度60km/hで整備されます。

 2023年3月に最初の区間である大野IC~勝原IC間10.0kmが開通。そして今回、勝原IC~九頭竜IC間9.5kmが開通します。

 勝原ICと途中の下山ICは、福井方面のみの出入りに対応したハーフインターです。

 なお、残る九頭竜IC~油坂出入口間15.5kmも建設が進んでいます。この区間は2026年春に開通する見通しです。

 大野油坂道路は、西側(大野IC)で接続する永平寺大野道路、東側で接続する油坂峠道路とともに中部縦貫道を構成します。

 2026年春に大野油坂道路が全線開通すると、東海北陸道の白鳥IC(岐阜県郡上市)と北陸道の福井北JCT/IC(福井県福井市)を東西につなぐ高規格道路が誕生します。

 これは、中京圏~北陸間の新たなルートになるほか、首都圏~福井間の最短ルートとしても期待されています。

【地図】通行無料! 中部縦貫道「大野油坂道路」の開通ルートを地図で見る(21枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー