日産“新型”「スタイリッシュSUV」発表! 精悍顔の新「キャシュカイ」に「日本導入」求める声も 豪登場の新モデルに反響多数!

日産のオーストラリア法人が発表した、新型SUV「キャシュカイ(e-POWERモデル)」について、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

ちょうどよいサイズ感に「日本にも入れて!」の声

 日産オーストラリア法人は2023年10月18日、新型「キャシュカイ(e-POWERモデル)」を発表しました。
 
 この新型キャシュカイについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

「e-POWER」が搭載された「キャシュカイ」(豪州仕様)
「e-POWER」が搭載された「キャシュカイ」(豪州仕様)

 キャシュカイは2006年に登場したSUVで、2021年までに全世界で500万台以上が販売されるなど、日産のグローバルにおける主力モデルに位置しています。初代は日本においても「デュアリス」の名称で販売されていました。

 現行型は2021年2月に発表された3代目。「CMF-C」プラットフォームの採用による走行性能の向上や、先進運転支援システム「プロパイロット」が設定されました。

 エクステリアは最新の日産デザイン「Vモーション」を取り入れ、「エクストレイル」などとも共通する鋭いヘッドライト、ウインドウ上部がブラックとなる「フローティングルーフ」2トーン塗装などが採用されました。

 インテリアでは、初代から設定されている大面積のガラスルーフや、キルティングが施された上質な仕上げのシートなどが装備され、高級感が高められています。

 ボディサイズは全長4425mm×全幅1835mm×全高1625mm、ホイールベースは2665mmです。

 オーストラリア仕様のパワートレインは1.3リッターガソリンターボエンジン+マイルドハイブリッドで、組み合わされるトランスミッションはエクストロニックCVTです。駆動方式はFFです。

 今回は、オーストラリア市場へe-POWER搭載モデルが設定されました。これは「エクストレイル」に続く第2弾だといいます。

 搭載されるユニットは1.5リッター3気筒ターボエンジンにモーター+大容量バッテリーを組み合わせ、システム最大出力140kW(約190馬力)・最大トルク330Nmを発揮します。

 なお、エンジンは可変圧縮比機能「VCターボ」を採用しており、バッテリーの充電状態や運転状況に応じて圧縮比が変化することで、高出力化と低燃費を両立しています。

 新型キャシュカイ e-POWERの価格は5万1590オーストラリアドル(約487万円)です。

 このキャシュカイは現在国外専用車となっていますが、日本のユーザーの間でも気になる存在のようで、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

「日本でも発売しないの?」「日本で売ればいいのに」など日本国内での展開を求める声や、「エクストレイルよりキャッシュカイのほうが一回り小さいので国内向きなんじゃないか」「エクストレイルだと大きいのでちょうどいいかも」など、中型SUVであるエクストレイルと比較するユーザーも。

 また、「デュアリスが良かったから新型を日本でもお願いします」「デュアリス懐かしい。逆輸入車だったよね」など、初代キャシュカイ(デュアリス)を気に入っていたという人もいるようです。

 いっぽうで、「最近は日本もノートで上手く食い込んでますし頑張って欲しいです」「もう少し国内重視に変更して欲しいものです」「国内販売は車種があまりも少ないのでは」「欧州向けモデルがカッコイイから頑張って」など、国内車種のラインナップ拡充を求めるコメントも少なからずありました。

【画像】めちゃカッコイイ! 日産新型「キャシュカイ」を画像で見る(50枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. いや、、
    あんまりかっこよくないと思う
    先代の方が良かった

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー