スバルが新「スポーツカー」発表! MTしかない!鮮烈ブルーの「峠仕様」を初公開! まさかのBRZをイタリアで発売、反響は?

イタリアスバルは「BRZ」の特別仕様車として「峠エディション」を限定発売しました。斬新なデザインにさまざまな反響が寄せられています。

斬新すぎる…でもカッコいい!

 スバルのスポーツカー「BRZ」の一部改良が実施され、最上級グレードとして「STIスポーツ」が設定されます。
 
 初代BRZは2012年にデビュー。トヨタとスバルが共同開発した後輪駆動モデルということで話題になりました。

漢字で「峠」の文字が入れられたスバル「BRZ」
漢字で「峠」の文字が入れられたスバル「BRZ」

 現行モデルは2021年に全面刷新した2代目モデルで、初代よりも排気量を拡大。2.4リッター水平対向エンジンを搭載し、6速MTまたは6速ATと組み合わせています。

 また、2代目登場時からAT車のみに運転支援システム「アイサイト」が搭載されていましたが、今回の一部改良でMT車にも専用アイサイトが装着されることになりました。

 そんなBRZですが、海外では個性的な仕様が販売されているようです。

 スバルのイタリア法人は2023年10月9日、特別仕様車「BRZ 峠エディション」を発表。60台限定となるこの峠エディションには、さまざまなエクステリアパーツが装着されました。

 ボディ下部にはSTIのフロントスポイラーやリアスポイラー、サイドスカートなどを装着し、よりスポーティでアグレッシブなデザインになっています。

「スバルブルー」として人気が高い「WRブルーパール」のボディカラーに組み合わされるホイールは、ゴールドのOZ製18インチホイール。スバルがかつて参戦していたWRCのラリーカーを思わせるカラーコーディネーションを実現しました。

 また、マフラーは、イタリアメーカーのスーパースプリント製による左右2本出しのものを装着します。

 各種パーツをふんだんに盛り込んだBRZ 峠エディションですが、それ以上に特徴的なのは、随所に入れられた「峠」の文字です。

 ホイールキャップやマフラー、スカッフプレートには、漢字で「峠」と入れられているのですが、なかでもホイールキャップに配された赤い峠の文字がユニークなアクセントとなっています。

 このBRZ 峠エディションについて、さまざまな反響が見受けられました。

「ホイールキャップの峠マーク笑える。日本だったらダサいで終わりだけど、イタリアではカッコイイのかな」「ベタ過ぎる演出なのに、なんか…カッコイイ」「日本人の感覚だとダサくてやらないと思うけど、そこにイタリア人のリスペクトを感じるとカッコよく見えるから不思議」など、日本では理解しづらいものの、海外仕様としてであればカッコいいといった声が寄せられています。

 なお、スバルのニュージーランド法人は、2023年5月にスポーツセダン「WRX」の「2.4T AKA」というモデルを設定。赤いボディカラーに「赤」という漢字のエンブレムを装着した限定車を販売しており、海外のユーザーから見たら漢字がクールに見えるのかもしれません。

 一方で、「もう少し書体はどうにかならなかった?」「イタリア人デザイナーが考えたのか峠のフォントがもうちょっといい物が無かったのか少し残念」「ホイールの峠の字を毛筆体で書いて欲しかった」「ゴシック体じゃなくて毛筆体をアレンジした様な力強い書体にすればよかったのに」など、直線的な峠のフォントに対する注文も存在。

 日本人からすると、筆で書いたような文字のほうがカッコよさが伝わるといった意見もありました。

※ ※ ※

 BRZ 峠エディションは、イタリアで4万9500ユーロ(約784万円)で販売されます。なお、トランスミッションは6速MTのみです。

【画像】「えっ…!」漢字で“峠”!? これが斬新すぎる「スバル車」です! 画像で見る(43枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. デザインが悪いとどうしようもない。

  2. 日本人もイタリア語なだけでカッコいいと思っちゃうからね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー