トヨタ新型「スーパーカー」世界初公開へ! 次期型「MR2」か!? 斬新ハンドル採用の「FT-Se」に反響集まる

2023年10月16日、トヨタは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(以下JMS2023)」にて世界初公開する予定のコンセプトカーである新型「FT-Se」のティザー画像を公開しました。このクルマについて、早速SNSなどでは様々なコメントが集まっています。

次期型「MR2」?次期型「セリカ」?新型「FT-Se」の公開に“名車復活”期待の声

 2023年10月16日、トヨタは10月28日から11月5日に東京ビッグサイトで行われる「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(以下JMS2023)」にて世界初公開する予定のコンセプトカーである新型「FT-3e」と新型「FT-Se」のティザー画像を公開しました。
 
 中でも新型FT-Seについて、SNSなどでは様々なコメントが集まっています。

絶対超カッコイイじゃん! トヨタの高性能スポーツコンセプト「FT-Se」
絶対超カッコイイじゃん! トヨタの高性能スポーツコンセプト「FT-Se」

 JMS2023にて初公開される新型FT-Seは、TOYOTA GAZOO Racingが取り組む「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の思想のもと、カーボンニュートラル時代におけるスポーツカーの選択肢の一つとして提案する、“高性能スポーツBEVモデル”。

 主なコンポーネントを同時に公開されるSUVである新型FT-3eと共有しながら、操縦安定性や空力性能をさらに追求しているといいます。

 また、ソフトウェアアップデートにより、“ドライバーと共に育っていくクルマ”が目指されており、システムの改良により利便性やスペックの向上が期待できます。

 エクステリアは、公開された画像では、ミッドシップレイアウトなのではないかと考えられるほどエキゾチックなデザインを採用。ワイド&ローのプロポーションに加え、先進的な印象をもたらすワンフォームシルエットにより、空気抵抗を低減目指したボディはスーパースポーツカーのようなオーラを放ちます。

 インテリアの画像は、ほとんど公開されていませんが、運転席両側に液晶モニターが配置されること、円形ではなく斬新なデザインのハンドルが採用されることが見て取れます。

 インテリアについてトヨタは以下のように説明しています。

「直感的な操作を可能とする次世代コックピットを採用、運転への一層の没入感を提供します。インパネ上部を低く構えることで、高い視認性を確保。走行時のG(重力加速度)から身体を保持するために、新意匠のニーパッドを採用しました」

※ ※ ※

そんな新型FT-SeについてSNSなどでは様々な意見が集まっています。

一番多く見られるのは「カッコイイ」「絶対市販して欲しい」など称賛の声ですが、一方「次期型セリカ?」「次期型MR2だよね!」などといった、トヨタの名車復活に期待する声も見られます。

中には、「スポーツEVコンセプトを順当に進化させたやつだよね」といった現実的な意見もあります。

スポーツEVコンセプトとは、2021年12月14日に行われた「バッテリーEV戦略に関する説明会」で初公開された16モデルのプロトタイプのうちの1台で、そのルックスから“次期型MR2なのではないか”と噂になったクルマです。

 フロントグリルには「GR」のバッチがつけられており、スポーツモデルであることがうかがえるほか、大きなコの字型のヘッドライトを配置したシャープなフロントフェイスや、フェンダーまわりの激しい起伏が斬新なデザインを採用。また、キャビンはとてもコンパクトで2シーターのようにも見える1台でした。

 さらに、当時公開された画像では、屋根が外れているように見える画像もあり、タルガトップとなることが想像されます。

 当時同社デザイン領域統括部長のサイモン・ハンフリーズ氏は、このクルマについて以下のようにコメントしていました。

「豊田章男さんのようなクルマ好きの方にもぜひ見ていただきたい」

※ ※ ※

 “名車復活”の期待を背負った新型FT-Se。JMS2023の会場で、どのような姿でお披露目されるのか今から楽しみです。

【画像】超カッコイイ! トヨタ”新型スーパーカー”「FT-Se」を画像で見る(58枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. クルマはデザインも大事だけど、エンジンも官能的じゃないと飽きがくるんだよな。トヨタのスポーツカーがあまり人気なく終了するのはエンジンに魅力がないから。たとえば、ホンダは軽トラレベルからエンジンが良く回り、運転していて楽しい。これをトヨタはEVで実現できるのかってところだろうな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー