ホンダが斬新すぎる「前後2人乗り」軽自動車を初公開! まさかの「タンデム仕様」作った理由とは? 「軽量&低床」極めた“市販モデル”が凄すぎる!

ホンダは2023年9月28日、開発中の新型軽商用EV「N-VAN e:」の最新情報を公式サイトに公開しました。そこで発表されたタイプの中には、徹底的にビジネス用途に特化した、かなり尖った仕様が存在しています。

前後に座る!? 衝撃の「タンデム」仕様の「新型軽」とは

 ホンダは2023年9月28日、現在開発中の新型軽商用電気自動車(EV)の「N-VAN e:(エヌバン イー)」についての最新情報を公式サイトで先行公開しました。
 
 同車は現在販売中の軽商用車「N-VAN」をベースにしたEV版となるモデルで、2024年春の発売を予定しています。

ホンダの斬新すぎる「前後2人乗り」軽自動車
ホンダの斬新すぎる「前後2人乗り」軽自動車

 今回新たに公開された新型N-VAN e:の情報は、グレードや主要装備など多岐にわたるもの。同車はすでに2022年12月7日にその存在が予告されていましたが、車名や装備を含めた詳細まで明らかになったのは初めてです。

 エクステリアは基本的に、ガソリンモデルのN-VANと共通のデザインを採用しており、また特徴としている左センターピラーレスも踏襲されていますが、一方でインテリアはエアコンやシフトパネル、収納トレー、充電用USB端子などをドライバー側に近づけて、より使い勝手を向上させているようです。

 また、搭載するパワーユニットは小型化と薄型化が図られたことで、EVでありながらもN-VANの強みである低床かつ運転席以外がすべてフラットになる広大な荷室をしっかりと継承。

 航続可能距離は、一日中走り回る配送業務に対応すべく210km以上を目標値としています。

 さらに、EVならではのスムーズでトルクフルな加速や、低振動・低騒音も大きな利点で、これは早朝や深夜の移動や配送で強みを発揮するでしょう。

 充電は6kWの普通充電に対応するほか、タイプによっては急速充電も可能。充電口はどちらもフロントグリルに設けられており、取り扱いが容易で利便性の高い設計です。

 また車外への給電もでき、合計1500Wまでの電化製品を使用可能なので、ビジネスユースのみならずアウトドアなど趣味の移動基地としても活躍しそうです。

 新型N-VAN e:のラインナップは、ベーシックな「e:L4」、最上級モデルの「e:FUN」、そして徹底的にビジネス用途に特化した「e:L2」の3タイプを用意。

 いずれも衝突被害軽減ブレーキ「CMBS」や前席サイド・カーテンエアバッグなどの安全装備、フルオートエアコン、運転席シートヒーターなどを装備している点は変わりませんが、とくに3つ目のタイプであるe:L2はこれまでにな無い思い切った設計を採用しています。

 その驚きのポイントは、車内のシートが「前後2人乗りの2シーター」となっていること。

 これは通常であれば助手席側(車体の左側)に存在するはずの前後の座席を完全に省いた仕様で、これによりガソリン仕様のN-VANを含めた同シリーズの中で最も底床かつ広い室内空間を確保。シートを無くしたスペース分、配達用の荷物などを多く積載できる面白い仕様です。

 通常のN-VANシリーズでも、運転席以外の座席は簡易的な作りとなっており、折りたたんだ際に床がフラットになるような補助席的な構造をとっていますが、このe:L2ほど思い切った前後2シーターの商用バンは間違いなく近年稀に見るものです。

 ちなみにベーシックなタイプのe:L4は、アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システム「LKAS」などの先進運転支援「ホンダ センシング」、さらに電動格納ミラーなど、現代のクルマに求められる装備はしっかりと搭載。

 最上級タイプのe:FUNともなると、室内空間を明るく彩るアイボリーの内装色が採用されるほか、フルLEDヘッドライトやリアシートヘッドレスト、急速充電ポートなど、商用バンらしからぬ豪華なアイテムを標準装備しています。

※ ※ ※

 気になる新型N-VAN e:の車両価格ですが、ガソリンモデルのN-VAN同等の価格となる100万円台から用意される予定だと報じられているものの、それ以上の詳しい情報はまだ公開されておらず、この点についても今後発売が近づくにつれてホンダから続報が発表されると思われます。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これがホンダの「前後2人乗り」軽自動車です(43枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

8件のコメント

  1. むしろ運転席のみのほうが潔いかと。ラストワンマイルの車って配送業だと一人乗りでしょ。
    せいぜい伝票置き場と、積載性重視でラックが引き出せるとアウトドアにも便利でしょ。
    現状での軽バン2人乗りはダイハツのハイゼットカーゴ2シーターのみかな。

  2. Nバンユーザーですが、積載量を増やす為ならタウンエース位の大きさのNバンワイドを作って欲しかったなぁ〜?

  3. ホンダはEVに代わって行くと言っていたからその試金石なんだろうと。
    EVなら行けそうじゃ無いかな。
    このクルマ。

  4. いっそのことシングルシーターで良かったんじゃないの?

    • ボンネットバンのN-VANベースだと軽でウォークスルーもできそうですね。
      身長が150cm位の人であればかなり面白いかもです。

  5. 広告が鬱陶しい しかも消すバッテンも小さく悪意丸出し なんとかしてから記事をかけ

  6. 広告が鬱陶しい しかも消すバッテンも小さく悪意丸出し 

  7. 昔あったミラのデリバリーバンを思い出しました。アレにも助手席がなくて斜め後ろに補助席みたいなシートがひとつだけあって乗ってて面白かった。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー