日産の「4人乗り超豪華ミニバン」が凄い! 「VIP専用モデル」はショーファーミニバンの先駆け?

レクサスは2023年9月、新型高級ミニバン「LM」を日本で初披露しましたが、こうしたVIP向け高級ミニバンといえば、3世代・25年にわたり日産が「エルグランド」でつくり続けています。ここで改めてその歴史を振り返ります。

3世代・25年にわたりVIP向け高級ミニバンをつくり続けてきた「エルグランド」

 高級車ブランド「レクサス」は、2023年9月15日から16日に開催したイベント「LEXUS SHOWCASE(レクサスショーケース)」で、4月に世界初公開された新型高級ミニバン「LM」を日本で初披露しました。今秋頃に国内発売を予定するニューモデルです。
 
 2列シート・4人乗りの贅沢な仕様が展示されましたが、こうした超豪華なVIPミニバンは、日産が1998年から現在に至るまで、常に「エルグランド」でラインナップし続けています。

日産 2代目「エルグランド」に設定されていたショーファーカー仕様の2列超豪華モデル「エルグランド VIP仕様」の贅沢な後席
日産 2代目「エルグランド」に設定されていたショーファーカー仕様の2列超豪華モデル「エルグランド VIP仕様」の贅沢な後席

 そもそも高級ミニバンの元祖として市場を開拓したのは、1997年5月にデビューした初代エルグランド(E50型)から始まっています。

 そして初代エルグランドデビュー8か月後の1998年1月には、日産車のカスタムカーを手掛けるオーテックジャパン(現:日産モータースポーツ&カスタマイズ/以下NMC)が、日産と共同開発で「エルグランド ロイヤルライン」を誕生させました。

 セダンに代わる新たなショーファーカー(専属運転手がハンドルを握り、オーナーやゲストが後席に乗る高級車)需要に応えるもので、航空機のファーストクラスを思わせる専用の電動VIPシートの後席を2つ揃えた4人乗り仕様となっていました。

 フロントシート後部には大型のキャビネットを装備する贅沢な専用インテリアとしています。

 足回りも快適な乗り心地にチューニングされた専用のセッティングとし、遮音性能も向上させるなど、エグゼクティブ向けの新たなショーファーカーというキャラクターは、最初から確立していました。

 そして2002年5月にエルグランドのフルモデルチェンジ後、12月にはエルグランド ロイヤルラインの後継モデル「エルグランド VIP仕様車」が追加設定されています。

 こちらも初代同様にオーテックジャパンが手がけました。

 2代目エルグランド(E51型)の7人乗り最上級グレード「XL」をベースに4人乗り化し、後席にセンターアームレストや専用電動オットマン、専用テーブルや読書灯などを備える専用本革シートを搭載しています。

 ビデオデッキ(VHS式)とCD・DVDプレイヤーを備えた後席専用オーディオシステムや、専用ACコンセントも装備していました。

 このほかフロントキャビネットや引出し式テーブルなどの多彩な専用装備も装着可能とするなど、基本的に受注生産により個別に仕様を設定できる「オーダーメイド車」という位置付けとなっていた点も注目されます。

 3.5リッターV型6気筒モデルのみの設定で、ボディカラーは専用色のブラックのみ。

 2002年当時のエルグランド VIP仕様車の販売価格は、828万8000円(消費税抜き)からでした。

【画像】「えっ…!」これが25年続く「エルグランド超VIP仕様」です! 画像で見る(50枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント