カーナビはスマホアプリと専用機、どちらを選ぶべき? 検討したい両者の違いとは

アプリのカーナビ専用機はそもそも別物?

 ナビタイムジャパンはスマートフォン用ナビアプリについて、「画面が小さいことと、長いトンネルなどではGPSによる位置測定ができないことがあるなど、精度の面でしょうか」と、その弱みを挙げますが、もちろん対策は練られているそうです。

「画面が小さいことによる操作性のデメリットを補うこともあり、『NAVITIME』では音声認識機能を向上させています。アプリ起動中に声だけで音声入力モード『ボイスコントロール』を起動でき、行き先の入力や地図の拡大、縮小も声で行うことができます。また、スマートフォンの加速度センサーなどを利用し、たとえばトンネルに差しかかるまえに車速やルートを自動で読み取り、トンネル通過中も地図がスムーズにスクロールされるよう改良中です」(ナビタイムジャパン)。

 GPSによる位置測定という点についてはヤフーの「Yahoo! カーナビ」においても、「スマートフォンのセンサー情報を利用して、GPSの受信ができないトンネル内でも位置を推定し、クルマの動きを更新します」としています。

 こうしたスマホ用ナビアプリに対し、カーナビ専用機を選ぶメリットは、どういった点が考えられるのでしょうか。

1 2 3 4 5

この記事の写真一覧

最新記事