カーナビはスマホアプリと専用機、どちらを選ぶべき? 検討したい両者の違いとは

専用機メーカーに共通して見える、スマホアプリへの考え方

 パイオニア、富士通テン、両社ともスマートフォン用ナビアプリについては同じような姿勢を見せています。

 パイオニアは自社の専用機について「アプリのように常時クラウドにつながってはいないので、地図の更新がどうしても間に合わない場合があります」としつつ、「開通したばかりの道路を通る際などは、スマートフォンの地図とあわせて使用してもらったほうがいいかもしれません」といいます。

 富士通テンも「当社製品にはドライブレコーダーを内蔵したものもあり、クルマの前方、後方のカメラで撮影した走行動画を、専用アプリを介してスマートフォンで見られる機能も備えています」と、専用機とあわせて使用する方法を打ち出しています。

「カーナビにとって、スマ―トフォンは連携していくべき対象でしょう」(富士通テン)

 スマートフォンのナビアプリは、スマートフォンの機能とともに進化してきた一方、あくまでクルマのためにつくられたカーナビ専用機は、その進化もクルマとともにあり、さらにスマートフォンとも連携していこうという姿勢が見えます。両方をうまく組み合わせて使うと、より便利になるかもしれません。

【了】
提供:乗りものニュース

【画像】カーナビ搭載車の走行履歴データを分析、活用

1 2 3 4 5

この記事の写真一覧

最新記事