トヨタ新型「センチュリー」世界初公開! 存在感ある「ワイドボディ」採用! 「セダン」とは何が違う?

2023年9月6日、トヨタは高級車「センチュリー」にSUVタイプの新シリーズを追加しました。引き続き併売される現行型セダンタイプとの違いや共通性について比較します。

伝統を継承しながら進化した「次世代のショーファーカー」

 トヨタは2023年9月6日、「センチュリー」に新シリーズを追加しました。
 
 専属運転手がハンドルを握り、後席にオーナーやゲストを乗せる高級車、いわゆる「ショーファーカー」の最上級セダンとして、55年以上の歴史を持つセンチュリーですが、新シリーズはボディタイプを大きく変更しています。

トヨタ最高峰のショーファーカーが新たに進化![左:現行型(3代目)「センチュリー」(セダン)/右:新型「センチュリー」]
トヨタ最高峰のショーファーカーが新たに進化![左:現行型(3代目)「センチュリー」(セダン)/右:新型「センチュリー」]

 1967年に誕生したセンチュリーの初代モデルは、世界の高級車と肩を並べられる「今までにない新しい日本の高級車」を目指し開発されました。

 内外装のデザインは日本の美を意識した品格あるものとし、人中心の思想で圧倒的な静粛性や快適性を実現させるなど、トヨタが持つ技術の粋を注ぎ込んだといいます。

 この思想は、2018年に登場した現行型(3代目)まで50年以上にわたり受け継がれており、日本を代表するショーファーカーとして各界のエグゼクティブから長年支持され続けてきました。

 そんななか、今回発表された新型センチュリーは、培われた伝統を継承しながら、多様化する時代に合わせ進化を遂げた「次世代のショーファーカー」だといいます。

 引き続き併売される現行型のセダンタイプ(以下センチュリーセダン)と比較しながら、今回発表された新シリーズ(以下、新型センチュリー)について紹介します。

 ボディ側面から見ると、2モデルは大きく異なるフォルムであることがわかります。

 新型センチュリーのボディサイズは、全長5205mm×全幅1990mm×全高1805mm、ホイールベース2950mmで、SUVスタイルのデザインとなっています。

 対するセンチュリーセダンは、全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベース3090mmで、初代から3世代にわたり続く、後部のトランクが独立した4ドアセダンスタイルを維持しています。

 もっとも大きく違うのは、300mm上がった全高です。

 トヨタは新型センチュリーのパッケージングの狙いについて次のように説明します。

「新型は、今の時代が求める『至極の後席空間』や『美しい乗降所作』を可能とする新たなパッケージングを追求しました」

 前席の着座姿勢が変わったことと相まって、足元空間を拡大。さらに助手席を前方にスライドさせれば、1200mmのカップルディスタンス(前後席間の距離)を確保します。

 センチュリーセダンも、後左右席のリクライニング&スライド機構を持つパワーシートや、助手席を前倒しした際に使用する後左席用電動オットマン(フットレスト機構付き)を備え、リラックスした後席乗員の姿勢を確保しています。

 しかし新型センチュリーでは最大77度と、ほぼフラットになるリクライニング角度を持つ後席を備えるのが大きな特徴です。

 トヨタによると、身長190cmの人が足先を伸ばしても、前席に触れないほどの広さが確保されるといいます。

 また最大75度の後席ドア開度に加え、大型アシストグリップやオート電動格納式ステップ、そして自然と背筋が伸び、姿勢を崩さないドアの開口部形状などで「美しい乗降所作」を実現させたのも、新型センチュリーならではの特徴となっています。

【画像】斬新! これが日本の「最上級」ショーファーカーです! 新型「センチュリー」を画像で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー