トヨタミニバンが1200万円超!? 新型「ヴェルファイア」のフルOP価格がスゴい! “エアロてんこ盛り仕様”への反響は

トヨタがミニバン新型「ヴェルファイア」を発表しましたが、メーカーオプションやディーラーオプションをできる限り追加した“超豪華仕様”はいくらするのでしょうか。また、その仕様に対しどのような反響があったのでしょうか。

メーカーオプション追加で900万円超になるが…

 2023年6月、トヨタがミニバンの新型「アルファード」「ヴェルファイア」を世界初公開・発売しました。人気モデルなだけに大きな話題を集めましたが、中でもヴェルファイアは、ベースグレードでも「655万円から」と価格が大幅に上昇しています。
 
 この新型ヴェルファイアの最上級グレードにメーカーオプションをできるだけ追加すると900万円超に。さらにディーラーオプションも上乗せした“超豪華ヴェルファイア”だと1200万円超になりますが、SNSではどのような反響があったのでしょうか。

トヨタ新型「ヴェルファイア」モデリスタパーツ装着モデル
トヨタ新型「ヴェルファイア」モデリスタパーツ装着モデル

 ヴェルファイアは2008年、アルファードの兄弟車として誕生。そして今回のフルモデルチェンジで3代目になりました。

 この新型ヴェルファイアの最上級グレードにメーカーオプションを可能な限り装着した“フルオプションモデル”は、いくらになるのでしょうか。

 ベースとなるのは、最上級グレードの「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」です。ハイブリッド車・全輪駆動タイプE-Fourを選ぶと、価格はこの時点で892万円します。

 今回はこれに、メーカーオプション(車両生産時に装備するオプション)を足していきます。

 ボディーカラーは白の「プラチナホワイトパールマイカ」を選び+3万3000円。内装色は、ブラックとサンセットブラウンの2色から選択できますが、どちらを選んでも金額は変わりません。さらに次のオプションを選んでいきます。

・開口幅約820mmのドア作動に連動して地上約220mmの高さに出現する「ユニバーサルステップ(スライドドア左右/メッキ加飾付/スペアタイヤと同時装着不可)」6万6000円
・ほかのクルマや人の存在、信号情報を直接通信して取得し、ディスプレイ表示やブザー音で知らせる「ITS Connect」2万7500円
・「寒冷地仕様」2万8600円
・「CD・DVDデッキ」4万1800円

 結果、メーカーオプションは合計19万6900円で、車体と合わせると911万6900円になりました。

 しかし検討はここで終わらず、さらにディーラーオプション(販売店装着の純正オプション品)も調べます。

【画像】えっ…カッコよすぎ!新型ヴェルファイアの「モデリスタ仕様」を画像で見る(50枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー