祝 誕生66周年! オシャ系コンパクトカーに「エバーグリーン」な特別仕様車発売! 新色「緑」のフィアット「500/500C センプレヴェルデ」300台限定 344万円から

2023年7月20日、ステランティスジャパンはフィアット500/500Cのラインナップに、新色グリーンの特別仕様車「Sempreverde(センプレヴェルデ)」を計300台限定で発売します。

爽やかすぎる「若葉のような新色グリーン」を内外装にアレンジ

 ステランティスジャパンは2023年7月20日、「FIAT(フィアット)」ブランドのコンパクトカー「500(チンクエチェント)」と「500C(チンクエチェントシー)」に、限定車「500/500C Sempreverde(センプレヴェルデ)」を設定しました。
 
 フィアット500の誕生66周年を記念し、新色「ルジアーダ グリーン」を施した限定300台の特別仕様車です。

オシャで「プレミアム」な限定車! フィアット「500 Sempreverde(チンクエチェント センプレヴェルデ)」
オシャで「プレミアム」な限定車! フィアット「500 Sempreverde(チンクエチェント センプレヴェルデ)」

 現行型チンクエチェントのデビューは2008年。以来、独自の愛らしいフォルムを特徴に、15年にわたって幅広い年齢層から支持を集め続けてきたフィアットブランドを代表するコンパクトカーです。

 オリジナルのチンクエチェント(NUOVA 500)は1957年の登場で、2023年に誕生66周年を迎えます。

 今回発売される限定車に冠される“Sempreverde”はイタリア語で「エバーグリーン、常緑」の意味。ボディカラーには、若葉のような色合いの新色「ルジアーダ グリーン」を採用しています。

 ステランティスジャパンによると、爽やかな木々の青さを軽やかに表現するとともに、オーナーのチンクエチェントに対する変わらない愛情も表していると説明します。

 ベースは、0.9リッター直列2気筒ターボエンジンとATモード付5速シーケンシャルトランスミッションを組み合わせる「500 TwinAir Dolcevita(ツインエアー ドルチェヴィータ)」。

 ボディサイズは全長3570mm×全幅1625mm×全高1515mm(500Cは全高1505mm)、乗車定員は4名です。

 ポップな世界観を表現し、室内のダッシュボードにも新色のルジアーダ グリーンをあしらっています。

 このほか専用16インチ ダイヤモンドカット アルミホイールを特別装備し、プレミアムな装いとしました。

※ ※ ※

 固定式ガラスルーフ仕様の500 Sempreverdeは限定200台が用意され、消費税込み価格は344万円。

 ブラックの電動ソフトトップを備えたオープン仕様の500C Sempreverdeは限定100台で、価格は355万円です。

フィアット・500 のカタログ情報を見る

フィアット・500C のカタログ情報を見る

【画像】爽やかすぎる新色「ルジアーダグリーン」! フィアット限定車を写真で見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー