個人で買ってもイイの!? 人気商用バン「ハイエース」! アウトドアや「車中泊」で遊ぶなら最上級「スーパーGL」系が狙い目だ

トヨタの商用バン「ハイエース、長年にわたり根強い支持を集めています。なかでも個人ユーザー向けといえるのが、上級仕様「スーパーGL」シリーズです。ハイエース スーパーGLの魅力を紹介します。

トヨタ「ハイエース スーパーGL」はどんなところが凄いのか!?

 商用ユーザーから絶大な支持を集め続けるトヨタのワンボックス型商用バン「ハイエース」ですが、いっぽうでアウトドアレジャーや車中泊などを楽しむ一般の個人ユーザーも愛用者が増えています。

 特に個人ユーザーから人気なのが上級仕様「スーパーGL」シリーズですが、どういった点が魅力なのでしょうか。

上質感がイイ! 個人ユーザーからの需要を引き受けるトヨタ「ハイエースバン スーパーGL」[画像は一部改良前モデルです]
上質感がイイ! 個人ユーザーからの需要を引き受けるトヨタ「ハイエースバン スーパーGL」[画像は一部改良前モデルです]

 2004年8月に誕生した現行・5代目ハイエース(200系)シリーズは、デビュー19年目に突入した超ロングセラーモデルです。

 3つのボディタイプを持つ商用バン仕様のほか、多人数乗車可能な「ワゴン」やマイクロバス仕様の「コミューター」など多彩なラインナップが揃います。

 いずれも洗練された基本スタイリングや乗用車を意識した高品質な仕立てなどで、発売当初から好評な売れ行きを示しました。

 その後も継続的に改良やマイナーチェンジを重ねながら、動力性能や先進運転支援機能、快適装備などを追加・改善し続けることで、今なお進化は止まりません。

 そんなハイエースには、先代の4代目(100系)ハイエースバンから設定された最上級グレード「スーパーGL」があります。

 通常の商用バンの場合、まず荷室の積載性とコストパフォーマンスが重視されます。

 内外装はシンプルにまとめられ、後席も折りたたむことを前提とした簡素な造りが一般的です。

 しかしハイエース スーパーGLでは、後席にミニバン並みの立派な3人掛けシートを装備しているのが最大の特徴です。120mmのシートスライドや、リクライニング機構も備わります。

 そして内外装には細部まで加飾が施され、質感を向上しています。

 快適装備も充実していることから、ハイエース スーパーGLは乗用車感覚で使うことができる個人ユーザー向けのグレードに仕上がっているのです。

 そんなハイエース スーパーGLの価格は、ロング・標準ボディ・標準ルーフ仕様の2リッターガソリン車(2WD)で、314万5700円(消費税込み、以下同)から。

 通常のハイエース(バン DX 3/6人乗り・ガソリン・2WD)の244万8600円から比べると、約70万円も価格も上昇しますが、多くの個人事業主などから愛されています。

 平日は仕事用の業務車両として使用し、休日はファミリーカーとして兼用する例も多いといいます。

 また、自転車やボート、サーフィンボードといったアウトドアレジャーのための大きな道具や、車中泊用のベッドなどを積載する個人ユーザーの愛用者も年々増加傾向にあります。

 こうした幅広い層からの安定した需要もあって、スーパーGLはハイエースのなかでも特に中古車で高いリセールバリューを誇っているほどです。

 なおハイエース スーパーGLは、ガソリンエンジンのほか、2.8リッターディーゼルターボエンジン搭載車が選択可能で、駆動方式も2WDと4WDが用意されます。

 また車体もロング・標準ボディ・標準ルーフ仕様に加え、ロング・ワイドボディ・ミドルルーフタイプ(1ナンバー仕様)も選択できます。

【画像】めちゃ広い! 想像力拡がるトヨタ「ハイエース スーパーGL」シリーズの内装を写真で見る(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
トヨタ ハイエース SUPER GL(スーパージーエル)特別仕様車“DARK PRIME II”(ダークプライムツー)[写真は2018年発売当初のモデル]
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー