オーラが違う! レクサス最高峰オープン「LC」を公道で試乗! V8搭載「最高級モデル」の魅力を体感

2023年6月に改良された、レクサスのフラッグシップクーペ・コンバーチブル「LC」を早速試乗してみました。

改良モデルの「LC500コンバーチブル」を試乗!

 レクサスのフラッグシップクーペ・オープンカー「LC」が2023年6月に改良を実施。操縦安定性や乗り心地、機能性を高めています。
 
 早速、改良された「LC500 Convertible(コンバーチブル)」を6月下旬に編集部Nが試乗してみました。

レクサス最高峰「LC」 その乗り味は?(撮影協力:米原ゴルフ倶楽部)
レクサス最高峰「LC」 その乗り味は?(撮影協力:米原ゴルフ倶楽部)

 LCは、2017年3月にデビューしたフラッグシップクーペで、独創的なデザインに加え優れた走行性能をもち、レクサス全モデルの乗り味を方向づける役割を担っています。

 2ドアクーペに加え、2020年6月には電動格納式ソフトトップを備える2ドアオープンモデル、LC コンバーチブルが追加されています。

 パワートレインは、5リッターV型8気筒自然吸気エンジンのガソリン車(LC500)と3.5リッターV型6気筒エンジン+モーターのハイブリッド車(LC500h)を設定。ともにFR(後輪駆動)です。

 今回試乗したのは、改良で用意された新外装色「ヒートブルーコントラストレイヤリング(ヒートブルー)」とブルー&ホワイトの内装を組み合わせたLC500 コンバーチブルです。

 エクステリア上の変更点はありませんが、初夏の強い日差しのもとにたたずむヒートブルーのLCコンバーチブルは、ほかのクルマとは違ったオーラを放ち、独特な存在感をまとっているように感じます。

 ヒートブルー自体は「NX」のF Sportや「IS F」などにも採用されており、スポーティな「F」系モデルとのマッチングは良好ないっぽうで、ラグジュアリーなイメージのLCと組み合わせると、単にLCの動力性能への期待を高めるだけでなく、本来持っているエレガントなイメージを際立っているように感じられました。

 特に日差しのもとだと、ひし形のテクスチャを組み合わせた複雑なスピンドルグリルやワイドに盛り上がった前後フェンダー、ヘッドライトからテールランプまでをむすぶキャラクターラインが強調され、グラマラスなボディ造形がはっきりとわかります。

 都内で走行・停車させていると街中の人々からの視線も強く感じられ、特別なクルマに乗っていることを実感できます。

 いざ乗り込んでみると、ホワイト基調に外装色とは系統の異なるブルーのレザーが一面を覆い、上品なステッチとともにインパネ上部やドアトリムまで連続した形状が包みこまれる感覚をもたらすとともに所有欲を満たしてくれました。

 いっぽうで、ボンネット両端まで見通すことができる広い視界や、6時位置から指針するセンタータコメーターなどが、単にラグジュアリーカーではなく高いドライバビリティを持つことを予感させます。

 改良では新たに12.3インチのタッチディスプレイを採用。従来位置にあったタッチパッドは廃止され、ワイヤレス接続によるApple CarPlayやAndroid Autoへ対応したことにより、利便性を大きく高めるとともに、直感的な操作が可能となりました。

【画像】存在感がスゴい! レクサスのトップモデル「LC」を画像で見る(46枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー