トヨタが「最上級 独立シート」を初公開! 新型「アルファード/ヴェルファイア」に採用! ヒータ&マッサージ搭載の極上仕様とは

2023年6月21日、トヨタは高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を約8年ぶりにフルモデルチェンジしました。上質さを増した内外装が話題ですが、中でも上級仕様の後席シートは、これまで以上に豪華な仕上がりとなっていました。

「プライベートジェット」も驚く快適性!?

 トヨタは2023年6月21日、約8年ぶりに高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」をフルモデルチェンジしました。
 
 多くの見どころを持つ新型アルファード/ヴェルファイアですが、豪華さと快適性を増した後席の仕上がりは、最も注目したいポイントといえます。

上級仕様「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」の2列目席が「エグい」ほど快適すぎた!
上級仕様「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」の2列目席が「エグい」ほど快適すぎた!

 新型アルファード/ヴェルファイアは、堂々としたスタイリングや広い室内空間をベースに、高級セダンに匹敵する快適な動的性能や、高品質なおもてなし装備、先進の安全安心装備を充実させるなど、様々な面で「“快適な移動の幸せ”の追求」を図りました。

 新型のボディサイズは全長4995mm×全幅1850mm×全高1935mm、ホイールベース3000mm。先代に対し全長が+45mm延伸された一方で、全幅やホイールベースは先代と変わりません。

 車幅は、国内の一般的な機械式駐車場の制限(長さ5000mm×幅1850mm以下)に収まる大きさを維持したといい、日本ユーザーの使い勝手を重視したことがわかります。

 一方で、新GA-Kプラットフォーム採用にともないパッケージングを全面的に見直したことで、先代に比べ室内空間を拡大させています。

 トヨタが開発を手掛けた際のキーワードは「体脂肪率0パッケージ」。徹底的に無駄なスペースを排除したのだといいます。

 先代に対しホイールベース(前後車軸間の距離)は同一ながら、前席と2列目席間の距離は10mm拡大させていますが、それ以上に、機能部品のレイアウトの最適化に配慮し、ミリ単位で抑揚と広さを感じさせる設計に注力したといいます。

 内装は、前席と2列目・3列目席で、それぞれの席にふさわしい空間設計を施しています。

 具体的には、前席はオーナーが優越感に浸れることを重視し、先代よりも自然なドライビングポジションを実現させました。

 後席では、乗客がくつろぎとおもてなしを感じる「プライベートジェット」のような空間を目指したといいます。

 サイドサンシェードにトヨタ初の下降タイプを採用するほか、天井に照明や収納、スイッチ類やエアコン吹き出し口などを集約させた「スーパーロングオーバーヘッドコンソール」を備えるなど、各所におもてなしの装備が揃います。

 そして、快適性に大きく寄与するシートのかけ心地にもこだわりをみせます。

【画像】ゴージャスさがエグい! トヨタ 新型「アルファード/ヴェルファイア」の内装を写真で見る(45枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー