阿蘇カルデラ壁を4.8kmのトンネルが貫く! 中九州横断道路「滝室坂トンネル」貫通へ

熊本県阿蘇市で、国道57号バイパス「滝室坂道路」の滝室坂トンネル(仮称)がまもなく貫通へ。長さ4.8kmにおよぶこのトンネルは将来、大分と熊本を結ぶ地域高規格道路に組み込まれます。

国道57号のバイパスとして建設中

 中九州横断道路の滝室坂トンネル(仮称)が、まもなく貫通を迎えます。2023年6月18日には貫通式が開かれる予定です。

国道57号(現道)滝室坂での事故(画像:国土交通省九州地方整備局)
国道57号(現道)滝室坂での事故(画像:国土交通省九州地方整備局)

 中九州横断道路は、大分市と熊本市を東西に結ぶ延長約120kmの地域高規格道路です。現在は大分側の犬飼IC~竹田IC間などが開通しています。

 滝室坂トンネルは、熊本県阿蘇市で国道57号のバイパスルートとして建設が進んでおり、将来は中九州横断道路に組み込まれます。

 熊本県で消費されるガソリンの多くは、九州唯一の製油所がある大分市から陸送されていますが、その際の輸送経路となっているのが、九州を横断する国道57号です。

 この国道57号は途中に阿蘇カルデラも通過しますが、その東側周縁部に位置する滝室坂は、急カーブが続く難所です。およそ4kmの道のりで標高差220mを通過します。

 ここでは2012年の九州北部豪雨で斜面崩壊し40日間通行止めになったことを契機とし、翌2013年にトンネルを含む延長6.3kmのバイパス「滝室坂道路」が事業化されました。

 滝室坂道路の大半を占める滝室坂トンネルは延長4845mの長大トンネルで、2022年9月には避難坑が一足早く貫通。今回はこれに続き本坑が貫通を迎える見通しです。

 トンネルは大分側から熊本側(カルデラの中)に向かって勾配4%の下り坂が続きます。最大土被りは220mです。

 トンネルを含む滝室坂道路は、幅員12m、車道2車線、設計速度80km/hの自動車専用道路として整備されます。

 将来、滝室坂道路を含む中九州横断道路が全通した場合、大分市~熊本市間の所要時間は現在より80分ほど短い135分で結ばれる見込みです。

【地図】熊本阿蘇に長大トンネル!国道57号「滝室坂道路」の計画ルートを地図で見る(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 熊本側からだとその4%登り勾配で減速されて後ろは数珠繋ぎの渋滞するよ、何せ加速出来ないのかしないのか、はたまた折角の80キロ道路でも60キロ程度でしか走れない地元民が邪魔だと思う。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー