角目がレトロなトヨタ「ハイエース」登場! ウッドがオシャレな“車中泊”仕様! エアコン完備の「リトリートアニバーサリー2」とは

アウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2023」に、ダイレクトカーズがレトロモダンなハイエースを出展しました。どのようなクルマなのでしょうか。

爽やかカラーでレトロな雰囲気のハイエースが家族連れに人気!

 2023年5月20日から21日にかけて愛知県で開催された、アウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2023」では、さまざまな企業がキャンピングカーなどのアウトドアに適したクルマを出展しました。
 
 その中でも家族連れの注目を集めていたのが、ダイレクトカーズの「リトリートアニバーサリー2」です。車体カラーに爽やかな青を使用しレトロな雰囲気をもたせたハイエースのようですが、どのようなクルマなのでしょうか。

内装のウッド感がたまらない! ダイレクトカーズの「リトリートアニバーサリー2」
内装のウッド感がたまらない! ダイレクトカーズの「リトリートアニバーサリー2」

 ダイレクトカーズは、2009年に創業したカーショップ。当初は、中古車の販売とミニバンのカスタムを2本の柱として営業を行っていましたが、2011年(平成23年)からは新車の取り扱いをスタート。その後、取り扱い車両をトヨタ「ハイエース」中心とし、同車をベースにしたカスタムカーやキャンピングカーを主に展開しています。

 今回の「リトリートアニバーサリー2」のベースになっているのも、現行型ハイエースです。スタッフの人によれば、こちらはダイレクトカーズ厚木店のオープン1周年を記念して造られたものであり、外装や内装はほぼオリジナルだそうです。

 外装は爽やかなブルーを基調にしつつ、側面下部にはウッドパネル調のラッピングを施しています。さらにフロントまわりの形状を丸ごと変更しつつ、アメリカの商用バンのような角目ヘッドライトを装備。2000年代初頭を思わせるレトロモダンな顔つきになっています。

 また、内装にはリアルウッドのパネルを使用。その他、家具なども含め、ウッドの素材にこだわりつつ、バッテリーのみで稼働するクーラーを装備。さらに、ギャレーは車外まで引き出せるなど、利便性もしっかりと考えられています。

 この車両のカスタムに際しては「動くログハウス」というのをイメージしたそう。外装や内装を見ると、その言葉がまさにピッタリであることがわかります。

 価格は2WDモデルで525万円(税込、以下同)、4WDモデルで555万円からとアナウンスされています。

※ ※ ※

 ハイエースはトヨタ自動車の代表的な商用バンです。1967年に当時のトヨタが販売していた「トヨエース」の小型版として誕生し、以後現在まで続いています。

 現行モデルは2004年に登場した5代目「200系」。また海外専用車となりますが、2019年には6代目となる「300系」が登場しています。

トヨタ・ハイエースバン の中古車をさがす

【画像】「えっ…」これが車内? もはや家な「リトリートアニバーサリー2」の内外装を画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー