“まるで旧車”な爆速「スーパースポーツカー」公開!「モーレツ」レトロな「最新マシン」 680馬力の新型「Nビジョン74」の正体とは

2023年5月20日、韓国の自動車メーカー「ヒョンデ」はイタリアで開催された自動車コンクールにて、新型の高性能燃料電池スポーツカー「Nビジョン74」を披露しました。どのような特徴を持つクルマなのでしょうか。

「レトロ」と「モダン」を融合したスーパースポーツカー

 2023年5月20日、韓国の自動車メーカー「ヒョンデ」はイタリア・コモ湖で開催された自動車コンクール「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」に初出展し、新型の高性能燃料電池スポーツカー「Nビジョン74」を披露しました。

新型スーパースポーツカー「Nビジョン74」
新型スーパースポーツカー「Nビジョン74」

 今回披露されたNビジョン74は、2022年に世界初公開された試作車両で、かつて1974年に同社が製作したコンセプトカー「ポニークーペコンセプト」から強くインスピレーションを得たデザインを採用しています。

 ダイナミックなプロポーションを再現しつつ、コックピットにはデジタルクラスターやアナログボタンなどのヘリテージな要素とモダンデザインを融合。レトロ基調なボディに最新の技術を搭載し、ヒョンデの歴史に敬意を表しつつ未来の高性能スポーツカーへの道筋を示すモデルです。

 最先端のテクノロジーとヘリテージデザインのバランスを探求したNビジョン74は、ヒョンデのモータースポーツ部門の手によって製作され、バッテリーモーターと水素燃料電池システムの長所を組み合わせた独自の水素燃料電池ハイブリッドアーキテクチャーを搭載。

 Nビジョン74のボディサイズは、全長4952mm×全幅1995mm×全高1331mm、ホイールベースは2905mm。後輪に左右独立型のデュアルモーターを搭載することで最大出力680馬力・最大トルク900Nmを発揮し、停止状態から4秒以内に時速100kmに到達する加速力を備えます。

 また、車体前方に85kWの水素燃料電池スタック、運転席と助手席の間に62kWhのリチウムイオン電池、車体後部には2.1kgの水素タンクを搭載して、約600kmの航続可能距離を実現しているといいます。

 ヒョンデ・モーターグループのチーフクリエイティブオフィサーであるルク・ドンカーヴォルケ氏は、今回の発表について以下のように語っています。

「今回のイベント参加は大変名誉あることであり、ここに至るまでのヒョンデの栄光ある道のりを示すものです。

 現在、クルマは単なる移動手段から、ライフスタイルを拡張する新たなプラットフォームへと変貌を遂げようとしています。

 私達はこのデザイン変革の時代の中心に立ち、歴史的な遺産からのインスピレーションをもって未来のモビリティの形を切り拓いていきます」

※ ※ ※

 今回披露されたNビジョン74は、カーボンニュートラルの時代に対応可能な高性能モビリティとして2025年頃の市販化も計画されているといい、ヒョンデの今後の動向に引き続き注目が集まります。

【画像】まるで「旧車」な最新スーパーカー登場! 新型「Nビジョン74」を画像で見る(81枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー