MTある「小型ハッチバック」がスゴい!? アンダー160万円でも質感高い内装! 走り仕様も! 「マツダ2」の現状は?

2014年に登場したマツダ「デミオ」は、2019年に車名を「MAZDA2」に変更して、現在も販売されています。では、最近の動向はどうなっているのでしょうか。

「デミオ」から「マツダ2」に変わった現行モデル

 マツダのエントリーモデルとして知られる「MAZDA2」ですが、現行モデルは2014年に登場しています。
 
 2023年現在、発売から9年目となる動向はどうなっているのでしょうか。

マツダのエントリーモデル「MAZDA2」の現状は?
マツダのエントリーモデル「MAZDA2」の現状は?

 2014年に登場した4代目となる現行モデルは、当初「デミオ」として販売されていました。

 このデミオは、「CX-5」「アテンザ(現MAZDA6)」「アクセラ(MAZDA3)」に続く、マツダの技術「SKYACTIV」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した第4弾モデルとして登場したコンパクトカーです。

 その後、様々な改良などが行われて来ましたが、なかでも2019年7月の改良時にはそれまでのデミオからMAZDA2に車名を変更。その理由についてマツダは「マツダブランドを鮮明化」を挙げていました。

 直近では、2023年1月に大幅改良を実施。バンパーやグリルなどのデザイン変更、ルーフフィルム*1などの多彩なカラーコーディネーションの設定しています。

 また現在のグレードラインナップとしては、1.5リッターガソリンエンジンを搭載するガソリン車と1.5リッターディーゼルエンジンをディーゼル車に、全車2WD/4WDが用意するほか、仕様によっては6速MTを設定しています。

 SNSでは「上質感があって運転しやすい車」、「マツダ2は内装もこだわってい好き」、「めちゃくちゃ良い車、キビキビ走るし」と、クラスを超えた質感に対する声が見られます。

 そうした中で中国地方のマツダ販売店は次のように話しています。

「マツダ2は、エントリーモデルということもあり個人、法人のお客様からお問合せを頂いています。

 個人の場合、とくに若年層や高齢層など初めてクルマに乗る人や、お子様が成人されたあとの移動手段として乗られる人が見られます。また法人では営業車などで検討頂いています。

 またスポーツ走行をする人であれば、『15MB』というモータースポーツベース車というモデルも設定されています」

 また首都圏のマツダ販売店では、次のように話しています。

「同じクラスのコンパクトカーの中では内装の質感が高いという声を頂いています。

 また同じくこのクラスでは珍しいディーゼル車を設定しており、日々のガソリン代を気にする人や、パワフルな走りを求める人が検討されています」

※ ※ ※

 コンパクト5ドアハッチバックモデルとして、発売から9年目となるマツダ2(デミオ)ですが、現在でも幅広いユーザーから支持されているようです。

【画像】これは最速!? スゴいスポーティなデザインの「MAZDA2」を写真で見る!

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー