もはや“操縦桿”!? ホンダが斬新ハンドル採用の「2シータースポーツカー」提案していた? デザインは現実となった「EV-STER」とは

モーターショーなど自動車イベントでは様々なコンセプトカーや新型車が発表され、未来への期待を抱かせます。2011年に開かれた「東京オートサロン2011」では、ホンダがスポーツカーの「EV-STER」を出展しました。どのようなクルマだったのでしょうか。

ホンダが後輪駆動2シーターオープンスポーツカー提案していた?

 世界各国で開かれているモーターショーやオートサロンといった自動車イベントには、様々なコンセプトカーや新型車、カスタムカーが発表され、クルマファンの期待感を高めるとともに、未来への期待を抱かせます。
 
 2011年の「東京オートサロン2011」では、ホンダがスポーツカーの「EV-STER」を出展しました。

どうやって運転するのだろうか…ホンダ「EV-STER」
どうやって運転するのだろうか…ホンダ「EV-STER」

 EV-STERは、後輪駆動方式の電動2シーターオープンスポーツカーです。

 ボディサイズは、全長3570mm×全幅1500mm×全高1100mmと、軽自動車規格を少し上回るコンパクトなサイズです。

 搭載されるモーターの最高出力は58kWで、0-60km/h加速は5.0秒、最高速度は160km/h、最大航続距離は約160kmでした。

 エクステリアは、躍動感のある先進的なデザイン。インテリアは、斬新なツインレバー・ステアリングが採用されるなど、SF映画に登場しそうな仕上がりとなっています。

 EV-STERについて、当時ホンダは以下のように説明していました。

「EV-STERは、高い環境性能を備えながら、電動モビリティーならではの新しいスポーツモデルの楽しみ方を提案します。

 カーボン素材の採用により軽量化を実現し、高い走行性能と約160kmという航続走行距離に貢献。運転する楽しさを徹底的に追求したこのモデルは、操作しやすいツインレバー・ステアリングを採用しました。

 また、モーター出力やサスペンションの設定をドライバーの意思で自由に調整できるようにすることで、操る喜びを最大限に具現化しています」

※ ※ ※

 EV-STER登場の4年後、2015年にこのクルマと同様のデザインを持った軽2シーターオープンスポーツカーの「S660」が登場しています。

 EV-STER自体は市販されることはありませんでしたが、ガソリンエンジンを搭載し現実となったと言っても過言ではありません。

 このように、モーターショーなどに展示されるコンセプトカーの中には、その要素の一部を引き継いで市販車として登場することもあります。

 隔年で開かれる東京モーターショーは、今年(2023年)は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」と名前を変え、10月26日から11月5日まで開催される予定です。

 このイベントにどのようなモデルが登場するのか、期待が膨らみます。

ホンダ・S660 のカタログ情報を見る

【画像】めちゃ運転してみたい! ホンダ「EV-STER」を画像で見る(91枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ほんとに、ホンダはデザインはいいな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー