ホンダ新型「8人乗りSUV」登場! 5m超え「ド迫力ボディ」に3列シート装備の新型「パイロット」メキシコで発売 866万円から

2023年4月20日にホンダメキシコ法人は、4代目となる新型「パイロット」の発売を開始しました。全長5mを超える大型サイズの3列シートSUVです。

「ブラックエディション」と「ツーリング」の2グレードを設定

 ホンダのメキシコ法人は2023年4月20日、新型「パイロット」2023年モデルの販売を開始したと発表しました。
 
 今モデルで4代目となる3列シートレイアウトの大型SUVです。
 

ド迫力マスクが凛々しい! メキシコ市場で発売を開始したホンダ 新型「パイロット」
ド迫力マスクが凛々しい! メキシコ市場で発売を開始したホンダ 新型「パイロット」

 パイロットは、米国ホンダで設計開発され、オハイオ工場で生産までを行う北米市場主体のモデルで、2022年にフルモデルチェンジを実施しています。

 新型はホンダSUV史上もっとも大きくもっともパワフルであることを特徴とします。

 外観も、大きなフロントグリルや水平基調のボディライン、幅広のフェンダーなど力強いデザインで構成されます。

 ボディサイズは、全長5065mm×全幅1995mm×全高1770mm、ホイールベース2890mm。

 室内は同セグメント最大のスペースを確保したといい、乗車定員は最大8名です。

 2列目シートの足元スペースは従来型から650mm拡大したほか最大10度のリクライニングも可能となり、快適性を向上。3列目シートの足元スペースも270mm拡大しています。

 パワートレインは、最大出力285馬力・最大トルク262lb ftを発揮する3.5リッター V型6気筒 DOHC 24バルブエンジンを搭載し、前輪駆動を駆動させます。トランスミッションはパドルシフト付きの10速ATです。

 装備面では、前2列の各席にシートヒーターやベンチレーテッド機能付きのレザーシートが備わるほか、パノラマサンルーフや、電動8ウェイフロントシートを装備。全14個のカップホルダーのうち8個は、1リットルのペットボトルが収納できるサイズだといいます。

 メーターパネルは10.2インチのデジタルディスプレイで、インパネ中央部には9インチカラータッチパネルのインフォテインメントシステムや12スピーカーのBOSEオーディオシステムが備わります。

 また、衝突軽減ブレーキシステムなどを含む最新の先進運転支援機能として、990度の視野角を持つカメラや120度の広角な高感度センサー類を用いた「ホンダセンシング」が装備されます。

 今回メキシコ市場に導入される新型パイロットは2つの仕様です。

 まず「ブラックエディション」は、黒のグリルやルーフレール、ダークカラーの20インチホイールなどでスポーティな仕立てで、室内は赤いステッチのレザーシートが備わります。

 ボディカラーはソニックグレー、プラチナホワイト、クリスタルブラックの全3色で、現地価格は115万9900メキシコペソ(約866万円)です。

 そして「ツーリング」は、様々な外装の加飾によるエレガントなスタイルを特徴とし、デュアルクロームエキゾーストや、7スポークの20インチホイールを備えます。

 ボディカラーはルナシルバー、プラチナホワイト、クリスタルブラックの全3色で、現地価格は118万9900メキシコペソ(約888万円)です。

【画像】ド迫力ボディがカッコいい! ホンダ「3列」大型SUV「パイロット」を写真で見る(50枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー