ホンダが新「MEV-VAN」の実車初公開! 画期的な内装の反響は? すぐに電池交換で「1日100km超走行」を想定

ホンダは第13回国際スマートグリッドEXPO」にて「MEV-VAN Concept」の実車を初公開しました。ベースとなる「N-VAN」とはどのような部分が異なるのでしょうか。

ホンダが提案するN-VANベースの脱着式バッテリーEVとは?

 2023年3月15日から17日に開催された「第13回国際スマートグリッドEXPO」のホンダブースに出展された軽自動車「N-VAN」ベースの電気自動車「MEV-VAN Concept」が話題となっています。

見た目は「N-VAN」とソックリ! ホンダが新たにお披露目した「MEV-VAN Concept」とはどのようなモデルなのか?(撮影:加藤博人)
見た目は「N-VAN」とソックリ! ホンダが新たにお披露目した「MEV-VAN Concept」とはどのようなモデルなのか?(撮影:加藤博人)

 今回で13回目の開催となる「国際スマートグリッドEXPO」とは、単体でのイベントではなく、<スマートエネルギーWeek>(主催:RX Japan株式会社)として、H2 & FC EXPO(旧名称:FC EXPO 水素・燃料電池展)、PV EXPO 太陽光発電展、BATTERY JAPAN(旧名称:二次電池展)などと同時に開催される合計7つの展示会の中のひとつです。例年、関東と関西で春、秋に開催されています。

 第13回国際スマートグリッドEXPOに初めて展示されたN-VANのコンバートEVは着脱式のバッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」(以下、MPP)を採用しています。

 MPPはさまざまな電動モビリティ/機器の動力源として活用が可能な、1.3kWh以上の大容量電力を貯蔵するリチウムイオンバッテリーです。

 すでに発売されているホンダのビジネスバイク「BENLY e:」や「GYRO e:」などにも搭載されています。

 また3月17日から19日に開催された「大阪モーターサイクルショー」ではMPPを搭載した新型電動モデル「EM1 e:」が日本初公開されました。

 そのMPPを初めてホンダ四輪車に搭載したのが、今回のN-VANベースのコンセプトモデルとなるMEV-VAN Conceptです。

 エンジンの代わりに車体の前後にドライブユニットを搭載、さらに後部座席位置の下部(N-VANでは燃料タンクがあるところ)にMPPを8個搭載しています。

 8個すべてを満充電した状態での航続距離は75kmとなり、合計電圧は50.3V、最大出力20kW、容量10.4kWh、総重量82.4kgで、ドライブユニットの出力は14kW、最高速度70km/h、最大積載量250kgを実現しています(開発中の数値)。

 注目すべき特徴としては「ガソリン車のN-VANをEVにコンバートすることが可能」、「充電ステーション『Honda Power Pack Exchanger e:』の活用で待ち時間なくバッテリー交換が可能」、「脱着式バッテリーMPPは電動バイクなどとも共有できる」などが挙げられます。

【画像】これは凄い! ホンダが画期的な軽バンを初公開! 関心する実車を写真で見る!(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー