「ハイエース」よりデカい! 全長5m超えのトヨタバン「プロエース」が大人気! 英「フリート ニュースアワード」各部門賞を獲得!

2023年3月16日、トヨタのイギリス法人は、欧州市場向けの商用バン「プロエース シティ」と「プロエース」が「フリート ニュースアワード」の各部門賞を受賞したと発表しました。

日本にはない格好良さ! トヨタの欧州専用車が高評価に

 トヨタの商用車ラインナップのうち、プロエース シティは小型バンのカテゴリーに属する欧州市場向けのモデルで、2019年に発表されたモデルです。

 背が高いボディ形状で後席側にはスライドドアが備わり、日本でいえば「タウンエースバン」に相当する位置づけといえます。

ハイエース以上に「スタイリッシュ」!? 欧州向けトヨタバン「プロエース」[英国仕様]
ハイエース以上に「スタイリッシュ」!? 欧州向けトヨタバン「プロエース」[英国仕様]

 ラインナップは、全長4403mm、ホイールベース2785mmのショート版と、全長4753mm、ホイールベース2975mmのロング版が設定され、1.5リッターディーゼルエンジン(100馬力版と130馬力版)と組み合わされるほか、BEV(電気自動車)仕様の「プロエース シティ エレクトリック」もラインナップされています。

 プロエース シティはプジョー・シトロエンとの協業によりOEM供給され、同モデルの乗用ワゴン仕様は日本でもプジョー「リフター」、シトロエン「ベルランゴ」として販売されているものです。

 一方プロエースは、日本でいえば「ハイエース」に相当するライトバンです。

 全長4959mmから5309mmと複数のボディタイプが用意され、ユーザーの需要にきめ細かく応えています。

 2リッター直列4気筒ディーゼルエンジンのほか、こちらも50kWhもしくは75kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したBEV仕様「プロエース エレクトリック」があります。

 プロエース シティ同様に、プジョー・シトロエンとの協業によりOEM供給されるもので、プジョー版は「エキスパート」、シトロエン版は「ジャンピー」の名称でそれぞれ欧州を中心に販売されています。

 今回、3月15日にイギリス・ロンドンで発表された賞典「フリート ニュースアワード」において、プロエース シティが「ベストスモールバン部門」に、プロエースが「ベストミディアムバン部門」にそれぞれ受賞しました。

 それぞれ、フリート(法人車両)向けの優れた販売店サービスや、最大10年間/10万マイル(約16万キロ)の保証などが評価されたといいます。

※ ※ ※

 トヨタイギリス法人のフリートサービス ゼネラルマネージャーのNeil Broad 氏は、受賞について次のように話します。

「私たちは常にお客様のニーズを最優先することに重点を置いています。

 それは、品質、信頼性、耐久性で信頼を築き、優れた保証パッケージと応答性とサポート力のあるネットワークで安心を提供することを意味します」

トヨタ・ハイエースバン のカタログ情報を見る

【画像】日本とはずいぶん「違う!」欧州向けトヨタバン「プロエース シティ」「プロエース」を写真で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー