13年で自動車税“重課”! 日産「ジューク」も対象に!? 2010年に登場した魅力的なクルマとは?

自動車税は、クルマが初度登録から13年経過すると重課の対象となります。では、今から13年前の2010年に登場し、重課対象となるクルマにはどんなモデルがあるのでしょうか。

13年超で自動車税が重課される!

 クルマを所有するには税金を払う必要がありますが、そのなかでも毎年徴収されるのが「自動車税/軽自動車税」です。自動車税は、毎年4月1日時点での車検証に記載のあるクルマの所有者に支払い義務があります。
 
 税額は、自家用や営業用といった用途と総排気量によって決められており、さらに登録初年度から13年が経過したクルマは重課される仕組みとなっています。

 登録から13年超というと、2023年に新たに重課対象となるのは2010年にデビューしたクルマです。13年前に登場し、今でも魅力的なクルマにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

登場から13年を迎えた日産「ジューク」
登場から13年を迎えた日産「ジューク」

●日産「ジューク」

 13年経過したとは思えないほど、今見てもグラマラスなボディラインが魅力的な日産コンパクトSUV「ジューク」は、都会が似合うスタイリッシュなエクステリアが特徴です。

 一時トレンドになったクーペスタイルに近い形状で、実用性よりスタイルを優先させているため、車内空間はお世辞にも広いとは言えません。

 とはいえ、ボディ同色パネルをインテリアでも採用するなど、同クラスの輸入車と見比べても遜色ないオシャレな仕立てが楽しめました。

 1.5リッターエンジンまたは1.6リッターターボエンジンを搭載。駆動方式はFFと4WDが選択可能です。

●マツダ「プレマシー」

 マツダのコンパクトミニバン「プレマシー」は、3代目(最終型)が2010年に登場しました。

 3代目は全長4585mm×全幅1750mm×全高1615mmと3ナンバーボディになりましたが、それでも扱いやすいサイズで、両側スライドドアを装備した7人乗りミニバンです。

 搭載されるパワーユニットは2リッターガソリンエンジンだけ、仕様も5速AT、FFのみとなっています。

 現在の同クラスが1.5リッターを主体としているなか、2リッターエンジンを搭載するプレマシーは税金面ではハンデを背負うものの、思いのほかスポーティな走りも楽しめ、今でも古さをあまり感じさせないモデルだといえます。

●三菱「RVR」

 元々は、片側スライドドアを装備しトールワゴンとミニバンをクロスオーバーさせたモデルとしてデビューした三菱「RVR」でしたが、3代目(現行型)はスポーティさとオフロード感を加えたデザインへと一新されました。

 デビュー当初のパワートレインは139馬力の1.8リッターガソリンを搭載、駆動方式はFFか4WDが選択可能でした。

 このパワートレインに三菱らしい「INVECS III」スポーツモードCVTを組みわせ、オフロードだけでなくオンロードのスポーティなクロスオーバー路線も狙っていたようです。

【画像】13年前のモデルとは思えない! スタイリッシュすぎる「ジューク」内外装の画像を見る(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー