大型“ゴージャス”グリル採用の日産「新型セダン」発表! “爆売れ”の「シルフィ」中国市場に“上質”進化モデル232万円から

2023年3月14日、日産と中国・東風汽車の合弁会社「東風日産」は、同年3月10日にマイナーチェンジを果たした新型「シルフィ」を発表し、全国から約1000人のシルフィオーナーを招待したイベントを実施しました。新型「シルフィ」にはどのような改良が加えられたのでしょうか

日本では終了、されど中国で攻勢を見せるシルフィ

 2023年3月14日、日産と中国・東風汽車の合弁会社「東風日産」は、同年3月10日にマイナーチェンジを果たした新型「シルフィ」を発表し、全国から約1000人のシルフィオーナーを招待したイベントを実施しました。

中国で発売された新型「シルフィ」
中国で発売された新型「シルフィ」

 シルフィは、1959年に登場した「ダットサン ブルーバード」を起源に持つミドルサイズセダン。2000年からブルーバードの後継車種として「ブルーバードシルフィ」が登場。2012年には、初代ブルーバードから数え13代目、初代ブルーバードシルフィから数えると3代目よりブルーバード名がなくなり「シルフィ」へと変化しています。

 この3代目シルフィまでは、日本国内でも販売されておりましたが、2021年に国内での販売を終了しています。

2019年に登場した現行型4代目シルフィは日本国内では販売されておらず、海外専売車種となりました。

 ブルーバードシルフィ/シルフィはこれまで、中国で17年間販売されていますが、2018年12月には中国全土の自動車市場販売ランキング単月・年間1位となるほか、2020年から2022年まで3年連続で全国販売台数1位をとる大人気モデルへ成長しています。

 今回のマイナーチェンジで、主にエクステリアが刷新されました。

 ヘッドライトやテールライトはよりシャープな印象のデザインに変更。バンパーやグリルは、メッキパーツの追加や形状の変更が行われ、スポーティな印象から豪華で上質な印象のデザインに変更されました。

 デザインの変更に伴って全長が11mm延長され、ボディサイズは、全長4652mm×全幅1815mm×全高1450mmとなっています。

 パワートレインは、従来どおり、最高出力134馬力・最大トルク159Nmを発揮する1.6リッター「HR16DE」型直列4気筒エンジンを搭載するガソリンエンジンモデルと、最大出力135馬力・最大トルク300Nmを発揮するモーターを搭載した発電専用の1.2リッター「HR12DE」型直列3気筒エンジンを根幹とするハイブリッドシステム「e-POWER」モデルの2種類を用意しています。

 価格は、ガソリンエンジンモデルが11万9000元(約232万円)から、e-POWERモデルが13万3900元(約261万円)からです。

※ ※ ※

 東風日産によると、歴代シルフィシリーズは合計500万世帯の家族に納車されたといいます。

 また中国では現在も、3代目シルフィの「シルフィクラシック」、マイナーチェンジ前の4代目シルフィも含め、複数のシルフィが継続販売されているといいます。

 日本ではすでに販売終了してしまったシルフィですが、海外では多くのユーザーに愛されているようです。

日産・シルフィ のカタログ情報を見る

【画像】ギラ感高めの大型グリルがカッコイイ! 日産新型「シルフィ」を画像で見る(102枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー