トヨタが新型マシン投入! 豊田社長「ラリー&今後」語る!? 新城ラリーで明かされる秘話とは

全日本ラリー第2戦「新城ラリー2023」が3月4日-5日に開催されました。初日となる4日にトヨタの豊田章男社長はラリーへの想いや、今後のモリゾウとしての活動について語りました。

「新城ラリー2023」開催! トヨタが新型マシン投入&豊田社長が今後を語る

 2023年3月4日-5日に愛知県新城市で全日本ラリー第2戦「新城ラリー2023」が開催されました。
 
 ラリージャパン2022や東京オートサロン2023でデモランを行った「Rally2」が世界で初めてラリー競技に投入された他、トークショーではトヨタの豊田章男社長が登壇。モリゾウ選手としての今後やラリーへの想いなどが明かされました。

新城ラリー2023で勝田貴元氏は迫力のあるデモランを披露した
新城ラリー2023で勝田貴元氏は迫力のあるデモランを披露した

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、2023年のラリー活動について2022年11月18日に発表しています。

 FIA世界ラリー選手権(WRC)では、世界のあらゆる道で戦いクルマを鍛え続けることで「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」をさらに進めるとしています。

 チーム「TOYOTA GAZOO Racing WRT」として、チームオーナーに豊田章男氏、チーム代表にヤリ-マティ・ラトバラ氏、ドライバーとしてカッレ・ロバンペラ氏/エルフィン・エバンス氏/セバスチャン・オジエ氏/勝田貴元氏という布陣となり、参戦車両は「GR YARIS Rally1 HYBRID」です。

 また日本では、全日本ラリーにおいて「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」に加えて、社員が監督、エンジニアおよびメカニックとして参加し「人材育成」を実践する他、「ラリーファン」の裾野を広げる活動に取り組むとしています。

 そうしたなかでチーム「TOYOTA GAZOO Racing」として、チーム監督にトヨタ自動車 凄腕技能養成部 豊岡悟志氏、ドライバーに勝田範彦氏/眞貝知志氏という布陣です。

 参戦車両は、第2戦の新城ラリー2023から勝田範彦氏が前述のデモランを行ったRally2をベースに全日本ラリー用のチューニングを施した「GR YARIS Rally2」。 

 眞貝知志氏は、開発中の次世代スポーツ自動変速機(DAT)を搭載した「GR YARIS GR4RallyDAT」で参戦し、2台共に開発中のクルマ、ユニットを鍛える目的として参戦しました。

世界で初めて実践投入された「GR YARIS Rally2」
世界で初めて実践投入された「GR YARIS Rally2」

 当日会場には、実践投入されるRally2を一目見ようとサービスパーク内のTGRピットには人集りが出来ており、実車を見たユーザーからは「黒も良かったけど、GRカラーリングもカッコいい」や「ノーマルのGRヤリスよりもワイドで迫力がある」といった声が聞かれました。

 またイベント会場ではトークショーが行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTの豊田章男氏(モリゾウ選手)、ヤリ-マティ・ラトバラ氏、勝田貴元氏が登壇。

 まず新城ラリー2023でRally2が世界で初めて実践投入されることについて豊田章男氏は次のように語っています。

「私にとって新城という場所はモリゾウとして初参加したラリーなんですね。

 それでそのきっかけを作ったのはノリさん(勝田範彦氏)です。

 そのノリさんが今回Rally2という世界で初めて公式に投入されるクルマのドライバーとして、新城ラリーに出てるのは、ちょっと感動してますね。

 Rally2はリザルトに載らないオープンクラスとして参戦していますが、初日途中で総合2位という位置で、本当にいい意味でびっくりしてます」

トークショーに登壇するチーム「TOYOTA GAZOO Racing WRT」のメンバー
トークショーに登壇するチーム「TOYOTA GAZOO Racing WRT」のメンバー

 また今回の新城ラリー2023は、2023年1月26日に豊田章男氏が社長を退任して会長に就任することが明かされてから初の公の場となります。

 司会の森田京之介氏からは「先日、豊田社長退任というニュースがありまして、あのニュースがあってからファンの皆さんの前に出るのが初めてですが、ラリーやモータースポーツの現場にこれからもモリゾウさんは来てくださるんでしょうか」と質問がありました。

 それに対して豊田章男氏は、次のように語っています。

「モリゾウの役割は、私自身が運転好きだってこともあるんですけど、私が動くことによって、例えばカーボンニュートラルへの考え方が変わるとか、ラリーやモータースポーツの応援の仕方が変わるなどのことがあると関係する人たちは喜びます。

 そういうことでお役に立てるであれば、好きなクルマに触れる時間が増えるとも期待はしているので、これからも行動をしていきたいなと。是非応援も頂きたいなという風に思います」

 このニュースに対してヤリ-マティ・ラトバラ氏は「最初聞いて本当にびっくりしましたが、もしかしたらこれはもっとモータースポーツに時間をさけるということじゃないかと思いました。これは良いことだと私は思ってます」と話しています。

 また勝田貴元氏は「僕も皆さんとおそらく同じようにすごいびっくりしたのもあるんですけど、モリゾウさんはクルマが大好きなドライバーでもありますし、これでようやく本当に好きなことだけに時間がさけるんじゃないかなと思っています」と話していました。

【画像】ぶつかる!? ヒヤヒヤ連続の激走マシンに驚愕! 走りを写真で見る! (27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー