トヨタ「ハリアー」とレクサス「 LS」が進化! もっと便利で運転が楽しくなる! トヨタが「機能向上サービス」の対象モデルを拡充

2023年2月14日、トヨタとKINTOは、ユーザーの使用しているクルマを「進化」させるサービス「KINTO FACTORY」の対応車種を拡充し、トヨタ「ハリアー」とレクサス「LS」を新たに追加しました。このサービスを利用することで一体どのような機能が向上するのでしょうか。

いま乗っている「ハリアー」と「LS」が進化する!

 トヨタとKINTOは2023年2月14日、ユーザーの使用しているクルマを「進化」させるサービス「KINTO FACTORY」の商品ラインナップ「トヨタアップグレードセレクション」にトヨタ「ハリアー」を追加すると発表しました。

また、「レクサスアップグレードセレクション」にレクサス「LS」を新たに追加するとともに、レクサス「UX」に装着可能なアイテムを拡充することも明らかにしています。

【画像】カッコいい! トヨタの人気高級SUV「ハリアー」を画像で見る(58枚)

購入後でも新機能が追加できるようになった! トヨタ「ハリアー」
購入後でも新機能が追加できるようになった! トヨタ「ハリアー」

 KINTOは、トヨタ車・レクサス車に毎月定額で乗れるサブスクリプションサービス「KINTO ONE」を展開していますが、今回商品ラインナップが追加されたKINTO FACTORYはサブスクとは別のサービスです。

 KINTO FACTORYは、ユーザーがすでに購入済みのトヨタおよびレクサス車に対し、技術革新や経年劣化にあわせてソフト・ハードを更新することで新たな機能やアイテムを後付けできるサービス。2022年1月からスタートしました。

 サービス内容には「リフォーム」と「アップグレード」のメニューがあり、「リフォーム」はシート表皮やクッション部分の取り換え、本革ステアリングホイールへの交換などが用意され、「アップグレード」はソフトウェアを書き換えることで基本性能を向上させたり、安全機能などを後付けするというものです。

 KINTO FACTORYスタート時点の対象車種は、トヨタの「アクア」「プリウス」「プリウスα」「アルファード」「ヴェルファイア」と、レクサスの「UX」「NX」「CT」の全8車種でしたが、今回ハリアーとLSが追加されました。

 ハリアーには「ブラインドスポットモニター」と「パワーバックドア用のハンズフリー機能」の後付けが可能になり、より安心した快適なカーライフを実現します。

 LSは、ソフトウェアの更新をおこなうことでアクセル操作時のレスポンスと加速フィーリングをそれぞれ向上させることが可能です。

 またUXでは、年次改良で追加してきた3つのアイテム「F SPORT専用のオレンジキャリパー」「充電用USB Type-C」「F SPORT専用アルミフットレスト」を、改良前のモデルに後付けできるようになりました。

 トヨタはKINTO FACTORYについて、「今後も対応車種と追加可能な機能やアイテムを拡充することで、クルマの購入後も絶えず付加価値を提供していきたい」と説明しています。

トヨタ・ハリアー のカタログ情報を見る

レクサス・LS のカタログ情報を見る

【画像】カッコいい! トヨタの人気高級SUV「ハリアー」を画像で見る(58枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー