ジムニー…なのか!? スズキ軽ワンボックス「ジムリィ車中泊カー」登場! シンプル内装で「オシャ」な仕上がりに

ルートシックスは「ジャパンキャンピングカーショー2023(JCCS2023)」で、軽キャンピングカー「Warmth LIGHT(ウォームスライト)」を出展しました。「ジムニー」顔の個性強めな軽キャンパーについて紹介します。

シンプルな室内とハードなカスタマイズを組み合わせた技ありキャンパー

 キャンピングカー専門店のルートシックス(茨城県)は、2023年2月3日から6日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「ジャパンキャンピングカーショー2023(JCCS2023)」にて、軽キャンピングカー「Warmth LIGHT(ウォームスライト)」を出展しました。
 
 展示車には軽四輪駆動車「ジムニー」を思わせるTスタイル製の「JIMRY(ジムリィ)」マスクも備わり、来場者から大いに注目されていました。

お前、ジムニーじゃないのか!? 「ジムリイ」フェイスにカスタマイズされた軽キャンパー「Warmth LIGHT(ウォームスライト)」
お前、ジムニーじゃないのか!? 「ジムリイ」フェイスにカスタマイズされた軽キャンパー「Warmth LIGHT(ウォームスライト)」

 同社には軽キャンピングカー「Warmth(ウォームス)」がありますが、展示されたウォームスライトは、“ライト”の名が表すように、手軽さをウリにした軽キャンパーです。

 装備は、大人2名が就寝可能な1800mm×1170mmのベッドと両サイドのキャビネットがメインで、あとは室内外で使用できるテーブルとLED照明が備わるシンプルな構成となっています。

 JC2023会場の担当者は次のように話します。

「あくまでもシンプルな装備に抑え、お手頃な価格にしたのがウォームスライトの特徴です。

 今回はスズキ エブリイがベースですが、ダイハツのアトレーにも設定できます」

 そんなシンプルさがウリなウォームスライトですが、JCS2023出展車両は、本格的なカスタマイズが施されていました。

 中でもフロントに、T-Style Autosales(Tスタイルオートセールス:神奈川県)製の「ジムリィ フェイススワップキット」が備わり、ベース車とは大きく印象を変えていました。

 その名のとおり、フロントまわりを軽四輪駆動車ジムニー風に変えてしまうキットです。

 専用フロントバンパーやフェンダー、ボンネットなどが一式揃い、スズキ純正のジムニー用フロントグリルやウィンカー、ヘッドライトなどのパーツと組み合わせて使用します。

 ベース車の印象をガラッと変えてしまうため、JCS2023来場者からも注目度は高かったようです。

 またフロント以外にも、展示車には軽トラや軽バンのカスタムで知られる「HARDCARGO(ハードカーゴ)」製のアウトドアキャリアとフェアリングが搭載され、ヘビーデューティな雰囲気を漂わせます。

 足回りは1.5インチのリフトアップと、オフロードタイヤ、アルミホイールが組み合わされます。

※ ※ ※

 軽キャンピングカー、ウォームスライトの消費税込み価格は、エブリイの場合165万1100円から。アトレーの場合は222万2000円からです。

スズキ・エブリイ のカタログ情報を見る

スズキ・エブリイワゴン のカタログ情報を見る

【画像】イカツい顔と癒し系内装の組み合わせ! 軽キャンパー「ウォームスライト」を写真で見る(15枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 必要ない情報です

    • 自分にとって興味ない情報だからといってそういうコメントはするものじゃないですよ。
      情報は自分で取捨選択してください。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー