“強面”仕様のド迫力「軽トラ」登場! ゴージャス&スポーティな「慶虎シリーズ」とは

2023年1月13日から1月15日まで、幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」にて、エアロパーツメーカーのシフトは、ダイハツ「ハイゼットトラック」やスズキ「キャリー」など商用車である「軽トラ」に迫力のあるエアロパーツを装備したカスタムカーを展示しました。

ド迫力エアロの「道楽用」の軽トラ!

 幕張メッセで、2023年1月13日から1月15日まで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」では、スポーツカーやSUVなど普通車のカスタムモデルだけでなく、軽バン・軽トラのような商用車のカスマムモデルも多く展示されました。

 そのなかでも、エアロパーツメーカーのシフトは、ダイハツ「ハイゼットトラック」やスズキ「キャリー」など、「軽トラ」にド派手なエアロパーツを取り付けた「慶虎」仕様のカスタムカーを展示しました。

【画像】ド迫力エアロ装備の「道楽用」軽トラ! シフトの「慶虎シリーズ」を画像で見る(63枚)

Kei-Zoneがオートサロン2023で出品した「慶虎シリーズ」
Kei-Zoneがオートサロン2023で出品した「慶虎シリーズ」

 シフトは兵庫県に本拠を置くエアロパーツメーカー。パーツブランド「Kei-Zone」を展開し、ダイハツ「ハイゼットトラック」やスズキ「キャリー」、スズキ「エブリイワゴン」など、「軽トラ・軽バン」用のエアロパーツやシートカバーなど、アフターパーツを開発・販売しています。

 東京オートサロン2023年1月13日の会場で、シフトは「Kei-Zone」として、「慶虎ハイゼットトラック」「慶虎ハイゼットジャンボトラック」「慶虎スーパーキャリィトラック」の3台を出展しました。

 これらのクルマは、「仕事で使って、遊びでも使えるローダウン仕様の軽トラックをスタイリッシュにドレスアップ」をコンセプトにカスタムされています。

 エクステリアでは、レクサスのような砂時計形状が浮かび上がる豪華なデザインのフロントバンパーが装備されるほか、サイドパネル・リアバンパーも取り付けられスポーツカーのような印象を引き立てています。

 デッキカバーや、背面に設けられた“鳥居”(アングルポスト)などはメッキパーツであしらわれ華やかに演出されています

 足元には軽トラには大径の「慶車輪アルミホイール」を装着されるほか、スリット付きブレーキローターやドラムブレーキカバー、マッドフラップも装備され通常の軽トラから大きくかけ離れたスタイリッシュな印象になっています。

 またインテリアでも、「慶虎シートカバー」が装備され豪勢な雰囲気。

 展示されたデモカーには、トライバル柄のステッカーや「愛羅武慶虎」「道楽用」といった文字ステッカーも貼られ威圧感の高い仕上がりです。

 ちなみに、この「道楽用」ステッカーには、「娯楽用」などレパートリーが、存在しシフトの遊び心を感じられます。

※ ※ ※

 シフトによればこれらの慶虎の顧客層は、5〜60代がメインとのこと。東京オートサロン2023では、慶虎シリーズのみが展開されていましたが、前述の通り、エブリイワゴンなど軽バンのカスタムパーツ「慶番」シリーズも同社から展開されています。

【画像】ド迫力エアロ装備の「道楽用」軽トラ! シフトの「慶虎シリーズ」を画像で見る(63枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. うん、なんか普通に「こっち来んな」って感じですね。