再現率高っ! 「80年代」テイストの「ハイエース」現る! レトロ顔バンは内装も「オシャ」なウッド仕上げ

オートモーティブジャパン(AMJ)は、「TOKYO OUTDOOR SHOW(東京アウトドアショー)2023」に、1980年代の欧州製バンをイメージし、トヨタ「ハイエースバン」をカスタマイズした「VANACE(ヴァナス)」を出展しました。

仕様の異なる3タイプの「角ばった」レトロマスクを用意

 トヨタの人気商用バン「ハイエース」を1980年代テイストに変身させるカスタムカーが、2023年1月13日から15日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「TOKYO OUTDOOR SHOW(東京アウトドアショー)2023」に展示されました。
 
 欧州バンをイメージし、オートモーティブジャパン(AMJ)が手がけた「VANACE(ヴァナス)」です。

これが現行200系「ハイエース」なのか!? 角ばったレトロ顔に生まれ変わったAMJ「VANACE(ヴァナス)」
これが現行200系「ハイエース」なのか!? 角ばったレトロ顔に生まれ変わったAMJ「VANACE(ヴァナス)」

 ヴァナスは、現行型ハイエース(200系)をベースに内外装をカスタマイズしたコンプリートカーです。

 外観のデザインモチーフは、1980年代のフォルクスワーゲン「ヴァナゴン」(T3)。

 角ばったフロントフェイスのディテールは、T3の仕向け地ごとに異なる仕様に寄せた3タイプが用意されています。

 VANACE Type-1(タイプワン)は、欧州テイストのベーシックな丸目2灯。

 これに対しVANACE Type-2(タイプツー)は、主に南アフリカで採用されていたという丸目4灯スタイルです。

 そしてVANACE Type-3(タイプスリー)は、北米向けの角目2灯で、どことなくアメリカンなムードが漂います。

 このようにType-1からType-3まで、いずれも再現性の高い仕上がりとなっています。

 オーダーは、ベースとなる中古車を選ぶか、あるいはベース車両をAMJへ持ち込みんでカスタムを実施します。

 グリルのチョイスに始まり、T3の純正色をオマージュした全10色のボディカラーや、タイヤ、ホイールなどをチョイスしていきます。

 さらに、T3後期モデルのビッグバンパーを思わせる角ばったフロントバンパーをはじめ、3タイプから選べる格子柄のシートカバー、ウッドステアリングなど、レトロなテイストをさらに高めてくれるアイテムが用意されます。

 また無垢のウッド内装とすることも可能で、AMJによるとオーダーに応じ塗装などのカスタマイズが可能だと説明します。

※ ※ ※

 アウトドアレジャーを楽しむコアな層の間で、レトロなムード漂う1980年代の欧州バンが密かなブームとなっていますが、日常的に使用するとなると、メンテナンスの面で不安が残るのも事実です。

 その点で、耐久性に優れたロングライフなハイエースがベースのカスタムカーなら、躊躇なく遊びにも使い倒すことも可能となり、非常に心強い1台となりそうです。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】80年代テイストがたまらない! 「AMJハイエース」を写真で見る(17枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント