反響凄い…「本当に公道走れる?」 ド迫力「GTマシン」お披露目! トヨタ「86」に見えない学生カスタムとは

東京オートサロン2022でTOYOTA GAZOO Racingがお披露目した「GR GT3 Concept」ですが、東京オートサロン2023では日本自動車大学校(NATS)が本家をオマージュした「NATS GR STANCE」をお披露目しました。

まさか本家トヨタ並のクオリティとなった学生カスタムカーとは

 2023年1月13日から15日に開催された東京オートサロン2023。さまざまなブースがあるなかで25年以上も続けて出展しているのが日本自動車大学校(NATS)です。
 
 そんなNATSは「GR STANCE」という超ド級のカスタムカーをお披露目しました。

うひょー! こりゃやべぇ! 学生が手掛けた86ベースの「NATS GR STANCE」の中身がすごかった!
うひょー! こりゃやべぇ! 学生が手掛けた86ベースの「NATS GR STANCE」の中身がすごかった!

 NATSカスタマイズ科は、1997年から東京オートサロンに出展しており、学生たちが毎年カスタムカーやレストア車両などを製作しています。

 今回は、日産「ブルーバード(411)」のレストア「NATS BlueBird Reboot」をはじめ、トヨタ「アルファード」をベースにした「NATS Alphard Super Dually」、マツダ「ロードスター(ND型)」をベースにした「NATS RX-Cabriolet」、そしてトヨタ「86」をベースに「GR GT3 Concept」をオマージュした「NATS GR STANCE」を展示しました。

 このなかでGR GT3 Conceptとは、東京オートサロン2022にTOYOTA GAZOO Racingが展示したカスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3カテゴリー向けに開発したコンセプトカーです。

 ボディサイズは、全長4590mm×全幅2040mm×全高1140mm、ホイールベース2725mmとなり、モータースポーツの現場で得た知見、磨いてきた技術が盛り込まれたモデルとなっています。

 そんなGR GT3 Conceptを意識して制作されたのがNATS GR STANCEとなり、同校はコンセプトについて次のように説明しています。

「私たちは『まだ見ぬGTマシンを公道へ』をテーマにトヨタの初代86をベースとしてGR STANCEという車両を制作しました。

 クルマ好きの憧れであるGT-カー、長き年月をかけド派手ながらも洗練された見た目で多くの人を魅了してきたクルマが公道を走っている姿を実現したくて制作しました」

 初代86をベースに制作されていますが、ボディ延長やパイプフレーム化などにより、その見た目は本物さながらのGTカーです。

 ボディサイズはGR GT3 Conceptよりも延長され、全長約4700mmとなっているといいます。

 フロントにはトヨタ「初代ミライ」のものを流用したヘッドライト、リアにはトヨタ「ハリアー(現行)」の社外製横一文字テールランプを採用。

 さらにウインドウルーバーや大型ディフューザーからの左右4本出しマフラーが装着されることで、GTカーらしさを演出しています。

 またパワートレインは純正のFA20型エンジンにGReddy製のT518Zターボキットやマフラーを組み合わせることで200馬力から279馬力にアップさせています。

【画像】どちらが本物? GR超えるレベルかも…! 2台を比較! 学生渾身の86内外装を見る!(28枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント