北陸道「黒埼スマートIC」が大化け!? 全車種・24時間OK、新開通の「環状道路」で利便性が格段にアップ

北陸道の黒埼スマートICの運用形態が変更へ。あわせて新潟中央環状道路とも新たに接続し、利便性が大きく向上します。

新潟中央環状道路に接続

 新潟市とNEXCO東日本新潟支社は2023年1月18日、北陸道の黒埼スマートIC(新潟市西区)について、これまで中型車までとしている対象車種を全車種に拡大するなど、運用形態を変更すると発表しました。

北陸道の黒埼PAに併設された黒埼スマートIC(画像:NEXCO東日本)
北陸道の黒埼PAに併設された黒埼スマートIC(画像:NEXCO東日本)

 黒埼スマートICは黒埼PAに併設されており、2年間の社会実験を経て2006年10月から本格的に運用されています。

 現在、この黒埼スマートICの利用時間は6時から22時まで、対象車種は中型車(車長8.5m)までに限定されていますが、3月25日からは24時間、ETC搭載の全車種が利用可能となります。

 同日には黒埼スマートICと接続する新潟中央環状道路の国道8号~国道116号間も開通。これにより下り線のアクセス経路は変わりませんが、上り線とのアクセスは新潟中央環状道路に切り替わる予定です。

 大型車が黒埼スマートICを利用できるようになることで、升岡工業団地や白根工業団地等への利便性が向上し、物流の効率化が期待されます。

 また、利用時間が24時間に拡大することで、災害時の緊急対応や病院への救急搬送などが昼夜を問わず可能になります。

【地図】使える…!!「黒埼スマートIC」の位置と新潟中央環状道路のルート(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント