「車中泊」できる「レトロ顔」の新型軽バンお披露目! 天然木内装「オシャ」内装が「映える」! ゴードンミラー「GMLVAN S-01」319万円から

ゴードンミラーモータースは、2022年12月に発表した新型車「GMLVAN S-01」を、カスタムカーイベント「東京オートサロン2023」会場で公開しました。「車中泊」ユーザーをターゲットにしたレトロなマスクと天然木内装が特徴の軽バンです。

ゴードンミラーモータース第三弾は「レトロ」な軽バン!

 GORDON MILLER MOTORS(ゴードンミラーモータース)は、3車種目となるオリジナル軽バンのニューモデル、新型「GMLVAN S-01(ジーエムエルバン エスゼロワン)」を発表し、2023年1月13日から15日に開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2023」会場で披露しました。
 
 ベース車はダイハツ「ハイゼットカーゴ」のターボモデル(クルーズターボ)で、レトロなイメージの丸目ライトとシンプルなフロントマスクが特徴です。

「レトロ顔」が新鮮! GORDON MILLER MOTORS(ゴードンミラーモータース)の新型軽バン「GMLVAN S-01」
「レトロ顔」が新鮮! GORDON MILLER MOTORS(ゴードンミラーモータース)の新型軽バン「GMLVAN S-01」

 ゴードンミラーモータースは、オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「ゴードンミラー」の車両部門で、新車をベースとしたコンプリートカーを販売しています。

 2019年に発売したのは、トヨタ「ハイエース」をベースにした「GMLVAN V-01」と、日産「NV200バネット」をベースにした「GMLVAN C-01」の2モデルです。

 GMLVAN V-01は、丸目4灯のクラシカルなオリジナルのフロントフェイスを持ち、GMLVAN C-01は、メーカー工場で塗装した特注のオリジナルカラーを用意します。

 ともに天然木アカシアの無垢材で内装の大部分を覆ったほか、テーブルやベッドなど多彩な内装アレンジを特徴としています。

 今回発表された新型軽バンのGMLVAN S-01は、こうした2モデルの特徴を継承しています。

 フロント部はGMLVAN V-01のイメージを受け継ぎ、丸目ライトのシンプルなデザインを採用し、ボンネット、グリル、バンパー、フェンダー、ライト周りは全てオリジナルデザインとしました。

 ボディカラーについては、GMLVAN C-01同様にメーカー塗装によるオリジナルカラー「オリーブドラブ」と「コヨーテ」(ダイハツ サンドベージュメタリック)の2色を用意します。

 またリアも、オリジナルデザインの丸目テールランプをオプション設定しています。

 2モデル同様に天然木アカシアの無垢材を使用した内装には、車体色とコーディネイトした耐久性の高いCORDURA(コーデュラ)生地を用いたシートカバーを備えます。

 コンパクトな車内を有効活用するため、荷室部左右に天然木の収納テーブルを備えるほか、遮光カーテンを装備するなど、シンプルな構成となっています。

 荷室の床面はベース車同様にフラットで、車中泊にも最適な造りといえます。

 2022年12月末、ゴードンミラーモータースの直営店で初公開された新型軽バンのGMLVAN S-01ですが、一般公開は東京オートサロン2023会場が初お披露目となります。

 オートサロン会場で車両を紹介していたゴードンミラーモータース担当者は、3モデルが揃った現在のラインナップについて、次のように説明します。

「GMLVAN V-01はファミリーユーザー向け、GMLVAN C-01はカップルとペットでの使用を想定しています。

 これに対して新型軽バンのGMLVAN S-01は、ひとり旅のソロキャンプユーザーをターゲットと考えています。

 またベース車が2021年12月にフルモデルチェンジしたばかりの新型ハイゼットカーゴなので、パワースライドドア、スマートアシスト、スマートインナーミラーが標準装備され、むしろ上位モデルよりも機能が充実しているのも魅力です」

 新型軽バンGMLVAN S-01の消費税込み価格は、2WDモデルが319万円、4WDモデルが338万8000円です。

 ゴードンミラーモータース直営店のほか、全国の正規取扱認定店で販売されます。

ダイハツ・アトレー のカタログ情報を見る

ダイハツ・ハイゼットカーゴ のカタログ情報を見る

【画像】「アカシア材」天然木内装の本格軽キャンパー「GMLVAN S-01」を写真で見る(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー