ネオンの輝く「近未来都市」が突如出現!? 謎の「SUVとコタツ展示」 1月末発売のBYD「アット3」とは

中国最大手の電気自動車メーカー「BYD」が「東京オートサロン2023」に日本に導入を予定している実車の展示をおこないました。

東京オートサロンに日本未発売の3モデルをイッキに展示! EV界の黒船となるか!?

 2023年1月13日から15日に千葉市美浜区の幕張メッセで開催されたカスタムカーのイベント「東京オートサロン2023」。
 
 今回、中国最大手のEVメーカー「BYD」が初出展しました。
  
 全世界のEV販売台数においてもテスラに次ぐ2位となるBYDですが、日本ではその存在はそこまで知られておりません。なぜ今回のオートサロンに出展することになったのでしょうか。

BYD「DOLPHIN(ドルフィン)」、サイバーパンクな雰囲気がカッコいい
BYD「DOLPHIN(ドルフィン)」、サイバーパンクな雰囲気がカッコいい

 BYDは日本市場で乗用車販売を開始することをすでに発表しており、2023年度中に発売予定の3車種を「東京オートサロン」と、併催している「東京アウトドアショー」の両方で展示していました。

 オートサロンのブースでは、近未来的な街を彷彿させるネオンの輝くサイバーパンクな雰囲気で、「電気自動車」を展開しているBYDらしさと「日本」のエキゾチックなイメージを上手く融合した独特の世界観を演出しています。

 ブース内にはBYDが日本導入を予定している3車種「ATTO 3(アット3)」、「DOLPHIN(ドルフィン)」、「SEAL(シール)」を展示しており、いずれも発売前の車両ですが、ATTO 3は2023年1月31日に販売を開始する予定です。

 また、残る2車種も2023年内の国内投入を予定しており、発売前の3モデルが同時に見られるという意味においても非常に注目度の高いブースとなっていました。

BYD「ATTO 3(アット3)」、左下の炬燵(こたつ)は車両の電気で稼働している
BYD「ATTO 3(アット3)」、左下の炬燵(こたつ)は車両の電気で稼働している

 一方のアウトドアショーでは、キャンプ場をイメージした自然豊かなブースにATTO 3と炬燵(こたつ)を並べた異色の展示で、実際に車両から炬燵に給電をおこなうという”EVならでは”のユニークなデモをおこなっています。

 野外だけでなく停電や災害など緊急時には車両を巨大なバッテリーとしても使用できるのがEVの強みです。

 実際にキャンプ場で炬燵を使用する人はあまりいないかもしれませんが、機能をわかりやすくアピールした面白い展示となっていました。

 今回展示されていた日本導入第一弾となるATTO 3は1グレードのみの展開となり販売価格は440万円(税込み)からです。

【画像】これはカッコいい!「ATTO 3」の斬新デザインをもっと見る(45枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント