トヨタ「セルシオトラック」が爆誕!? でも内装は日産「シーマ」!? 驚愕のカスタムカーは学生渾身の1台だった!

千葉・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」では、トヨタと日産の最高級車を合体させた謎のピックアップトラックが展示されました。このクルマを製作した学生にインタビューし、その正体に迫ります。

ギラリと輝く正体不明の謎トラックは学生による大作だ!

 2023年1月13日から15日に千葉・幕張メッセで開催されたカスタムカーのイベント「東京オートサロン2023」で、個性的なピックアップトラックが展示されていました。
 
 一見するとトヨタの高級車「セルシオ」ですが、インテリアは日産「シーマ」で、車体後部はピックアップトラック。高級車をトラック化した謎のクルマの正体は、いったい何なのでしょうか。

一見するとトヨタの高級車「セルシオ」のように見えるが…このクルマの正体は?
一見するとトヨタの高級車「セルシオ」のように見えるが…このクルマの正体は?

 このオリジナリティの高い高級ピックアップトラックが展示されていたブースは「群馬自動車大学校」です。最先端の自動車のカスタマイズを学んだ学生の手による、渾身のカスタムカーを毎年展示しています。

 今年も新たに公開された迫力あふれるカスタムカーの正体を探るべく、ピックアップトラックの製作を担当した学生に話を聞きました。

―このクルマはどうやって作成されたのでしょうか、またベース車両は何でしょうか。

 このクルマは「GAUS CF-16」といい、4代目シーマ(F50系)をベースとして、3代目セルシオ(UCF30系前期)のフロントセクションを移植しています。

 内装は基本的にシーマのものを踏襲していますがダッシュボードには全面に植毛塗装を行い、ドアパネルはスエード調の皮革に張り替えています。

 また、シートはフェアレディZのものに載せるためシートレールから作り変えています。

 コンセプトとして本格的なアメリカンスタイルを目指しており、ハンドルには本場USAの「ムーンアイズ」のチェーンハンドルを仕様しています。

【画像】まさか内装は日産「シーマ」! その意外すぎる「インテリア」を見る

―一見しただけでは元がシーマだったと分からないほど上手に移植されていますが、セルシオの顔面の移植はスムーズに出来たのでしょうか。

 完成品では自然に一体化していて無理なく繋がったように見えますが、移植の作業はとても難しいものでした。

 シーマの骨格そのままだと納得出来るボンネットの低さを実現するには無理があったため、実はヒンジから加工を施してあります。

 またバンパーの位置も整合性を取るために10cm以上延長してあります。FRPとパテを併用して造形し、なんとか違和感のない形を実現できました。

―カスタムで、とくにこだわったポイントについて聞かせてください

 車体後部の荷台でしょうか。本当にピックアップトラックとして使用できるよう頑丈な設計にしており、ジャングルジムのように組まれた鉄骨と約3mmの分厚い鉄板を溶接して製作しています。

 また、荷台の外装は非常に広く凸凹もないため、面や映り込みを綺麗に整えるのにとても苦労しました。派手な意匠となるラインも無くごまかしがきかないので、パテと当て板を駆使しひたすら造形に奮闘しました。このクルマ1台を完成させるためにパテの缶を数十個使用しています。

―今回出展して反響はいかがでしょうか

 日本人よりも外国の方に大きくウケているように感じました。目指したコンセプトにも合致していますし、みんなの驚いた顔を見ると嬉しいですね。

 また、カスタム屋さんや板金屋さんなどプロの方にも「すごく上手に造ったね」と褒めていただきまして、製作にあたった半年分の苦労が報われた思いです。

※ ※ ※

 クルマ好きの若者の減少が叫ばれる昨今ですが、学生ならではの自由な発想から具現化された渾身のカスタムカーは毎年の東京オートサロンの目玉展示です。

 次回はどんなカスタムカーが会場を沸かせてくれるのか、来年のオートサロンが今から楽しみになります。

トヨタ・セルシオ のカタログ情報を見る

【画像】「セルシオ」と「シーマ」が究極合体! 夢の高級トラックを写真で見る(61枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. インタビューにある苦労したポイントや工夫したポイントを写真でみたいのに、同じ様な意味のないアングルの写真ばかりで残念