スバル新型「インプレッサ」日本初披露! 海外では4000万円超え「初代」を発見! 根強い人気誇る要因とは

水平対向エンジンによる独特のフィーリングが特徴のスバル「インプレッサ」は、スポーティかつリーズナブルなモデルであることから、若いユーザーにも人気の高い1台です。一方、ヨーロッパではあるインプレッサが約4156万円という超高値で販売されています。いったい、どのような個体なのでしょうか。

4000万円オーバーのインプレッサを発見!?

 スバルは東京オートサロン2023にて、新型「インプレッサ(日本仕様車・プロトタイプ)」をお披露目しました。
 
 根強い人気を誇るインプレッサですが、海外では歴代モデルも人気だといいます。

東京オートサロン2023でお披露目された新型「インプレッサ(日本仕様プロトタイプ/STIパーツ装着車)」 その一方で海外では4000万円超えの価格が付いた初代モデルを発見!
東京オートサロン2023でお披露目された新型「インプレッサ(日本仕様プロトタイプ/STIパーツ装着車)」 その一方で海外では4000万円超えの価格が付いた初代モデルを発見!

インプレッサは、クラスを超えた高い安全性能と動的質感を兼ね備えた同社のスタンダードモデルです。

 6代目となった新型インプレッサは、日本市場における名称を「インプレッサSPORT」から「インプレッサ」と名称が変更されました。

 また歴代モデルはスポーティかつカジュアルなデザイン、優れた運動性能、安心できる先進安全装備といった特徴を持っており、根強いファンを抱えるモデルとして知られています。

 とくに、水平対向エンジンを搭載していることによるスポーティな走りは、インプレッサ最大の特徴のひとつであり、その点だけでもインプレッサを選ぶ理由になるといわれるほどです。

 また、現行モデル(2022年12月に生産終了)の新車価格は200万2000円からとなっており、リーズナブルなモデルであることも特徴です。

 さらに、過去のモデルであれば、100万円を切る価格で中古車市場に多く流通しているため、若いユーザーが手軽にクルマを楽しむのにも適した1台となっています。

 そんなインプレッサですが、英国東部のノリッジにある中古車販売店では、1998年式の初代インプレッサが26万ポンド(約4156万円)という超高額で販売されています。いったい、どのような個体なのでしょうか。

 実はこの個体は「22B STi Version」という、限定車をがベースにリビルドされたものとなっています。

「22B STi Version」は、1997年にスバルが世界ラリー選手権(WRC)で3連覇を達成したのを記念し、参戦車両であった「インプレッサWRC’97」を公道走行可能なロードカーとして再現したモデルです。

 WRCマシンさながらのルックスであることはもちろん、専用の水平対向エンジン「EJ22改」が搭載されるなど、そのパフォーマンスも通常のインプレッサからは大きく向上されていました。

 この「22B STi Version」は、500万円というインプレッサとしては破格の値段であったにもかかわらず、限定台数400台がまたたく間に完売したといわれています。

【画像】初代と新型…どっちも魅力的! 2台の違いを画像で比較する!(42枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント