三菱の新型「デリカミニ」実車初公開! サバイバル仕様も同時披露! 注目の軽SUVが5月発売

三菱は2023年1月13日に開幕した「東京オートサロン2023」の会場で新型車「デリカミニ」を発表するとともに、アウトドアシーンに似合うカスタムモデルを同時公開しました。タフなSUVテイストをまとった新型軽スーパーハイトワゴンについて解説します。

オフロードが似合う! 「デリカらしさ」を受け継いだ新型軽「デリカミニ」

 三菱は2023年1月13日から15日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2023」会場で、5月発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」を初披露し、あわせて同モデルをベースにしたカスタムカーも2台出展しました。
 
 アウトドア派から根強く支持されるデリカシリーズの弟分として誕生した新型デリカミニについて紹介します。

三菱が2023年5月に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」に早くもカスタムモデルが登場![写真は「デリカミニ×Coleman(デリカミニ ミーツ コールマン)」]
三菱が2023年5月に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」に早くもカスタムモデルが登場![写真は「デリカミニ×Coleman(デリカミニ ミーツ コールマン)」]

 最近多くのメーカーが開設する新型車のティザー(正式発表前の事前告知)サイトといえば、ぼんやり車体が見えたり、モチーフだけチラ見せさせたりして、わくわくドキドキさせる演出が一般的です。

 しかし三菱は太っ腹でした。ティザーとはいえ、2022年11月の初公開時からほぼ全身の姿も丸見えで新型車のデリカミニを見せてくれて、大いに期待を高めてくれたのです。

 そんなデリカミニの実車がいよいよ東京オートサロン2023でお披露目されます。どのようなクルマなのでしょうか。

 三菱の「DELICA(デリカ)」は、1968年に発売された老舗ブランドです。1979年に2代目となる「デリカスターワゴン」、1986年に3代目デリカスターワゴン、1994年に4代目「デリカスペースギア」、そして2007年に5代目となる「デリカD:5」へと進化してきました。

 現行デリカD:5の「4WDオフロードミニバン」という唯一無二の存在は他の追随を許さず、独自のポジションを確率しています。

 そのデリカD:5の兄弟が新しく生まれました。それが新型デリカミニです。デリカD:5ゆずりの力強いスタイリングを受け継ぎながら、使い勝手の良い軽スーパーハイトワゴンとして登場します。

 スタイリングからは“デリカ”らしさをしっかり受け継いでおり、タフさも演出しています。

 東京オートサロン2023会場に出展された車両(4WDモデル)のボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1830mm、ホイールベース2495mm。

 現行型の軽スーパーハイトワゴン「eKクロススペース」(4WD)と比べ全高が30mm上がっていますが、これが最終スペックかどうかは現段階では明らかにされていません。

 そしてインテリアは、軽スーパーハイトワゴンの使い勝手の良さを存分に生かした造りとなっていて、日常からアウトドアまでカバーしてくれそうです。

 三菱によると、新型デリカミニは2023年5月より正式発売を開始する予定で、1月13日からは早くも先行予約が開始されました。

 設定グレードは4タイプ。660ccの自然吸気エンジン車と同ターボ車が用意され、消費税込み価格は約180万円から約225万円の予定とのことです。

 そんな新型デリカミニを、早くもカッコよくカスタマイズした車両が東京オートサロン2023でデビューしました。

 詳しくチェックしてみましょう。

【画像】軽でも「車中泊」可能に!? 新型「デリカミニ」カスタムモデルを写真で見る(124枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 三菱らしくいい感じ!

  2. 車高上げ・・・しているかのように見えるデカール。