ドアノブない! ソニーホンダが近未来な「新型セダン」世界初公開! 新しすぎる「ドアの開け方」とは?

ソニー・ホンダモビリティが、EVの新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」を発表し、開発中の新型EVを世界初公開しました。どういった特徴があるのでしょうか。

まさかの「ドアノブなし」未来すぎるアフィーラの特徴とは

 米国ラスベガスで開催されている「CES 2023」で2023年1月4日(現地時間)、ソニーとホンダの合弁会社であるソニー・ホンダモビリティが、EVの新ブランドを「アフィーラ(AFEELA)」と発表し、開発中の新型EV(プロトタイプ)を世界初公開しました。
 
 一体どういった特徴があるのでしょうか。

ソニーホンダモビリティがCES2023でお披露目した新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」のプロトタイプモデル(画像:Sony Honda Mobility Inc.)
ソニーホンダモビリティがCES2023でお披露目した新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」のプロトタイプモデル(画像:Sony Honda Mobility Inc.)

 ソニー・ホンダモビリティは、資本金100億円(出資比率ソニーグループ50%、ホンダ50%)で設立された新会社です。

 高付加価値EVの企画や販売、サービスを手掛ける予定としているものの、製造設備は自ら保有せず初期モデルの製造はホンダが担うことを想定しています。

 今回の発表で明らかとなった新ブランド・アフィーラは、「新たなモビリティの価値基準の創出」が目指されたといいます。

 今回披露したセダンタイプの新型EVは、全長4895mm×全幅1900mm×全高1460mm、ホイールベース3000mmのAWD仕様です。

 エクステリアは、凹凸のない流麗なデザインとなっており、特徴のひとつに「Media Bar」の搭載が挙げられます。

 フロントの左右のヘッドライトの間の中央に備わったMedia Barは、ディスプレイのような仕様となっており、公開された写真では「AFEELA」の文字が映し出されています。

 知性をもったモビリティが自らの意思を外にいる人に表現することを可能にしており、今後、様々なパートナー、クリエイターとともに、可能性を幅広く模索していく予定としています。

 またエクステリアをよく見ると、従来のクルマに備わるドアノブが見当たりません。

 従来のクルマはドアノブで開閉するものがほとんどですが、アフィーラの新型セダンでは車載のセンサーやカメラが乗員の接近を検知して顔認証でドアが自動で開閉する仕組みを採用するといいます。従来のクルマにはない、近未来的な機能といえるでしょう。

 インテリアは白を基調とした繭に包まれたようなラウンドなデザインであるといい、装飾性をなくし、シンプルさが徹底されています。

 インパネ部分は、運転席から助手席までつながる大きなディスプレイが特徴的で、ステアリングもU字型のデザインで先進的なデザインであることが分かります。

 このほか、特定条件下での自動運転機能レベル3搭載を目指すと同時に市街地などより広い運転条件下での運転支援機能レベル2+の開発にも取り組むほか、最大800TOPSの演算性能を持つハードウェアには「Qualcomm Snapdragon Digital Chassis」のSoを採用予定。

 今回のプロトタイプには、車内外に計45個のカメラ、センサー等を搭載。室内のインキャビンカメラやToFセンサーにより、ドライバーの運転状況や走行状態をモニタリングし、不慮の交通事故防止へ貢献するといいます。

※ ※ ※

 今後の量産車については2025年前半からの先行受注を開始し、同年中に発売を予定。デリバリーは2026年春に北米から開始する予定です。

 新ブランドであるアフィーラは、従来のクルマとは大きく異なるさまざまな先進的な技術が施されているといえますが、今後の動きに注目が集まります。

【画像】ドアノブない!? ソニーホンダ「新型セダン」近未来すぎるデザインを画像で見る(35枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント