マツダの「ロータリーエンジン」11年ぶりに復活! 2023年3月までに新型車投入を社長明言! どんなモデルで登場?

マツダは「MX-30」にロータリーエンジンを搭載したモデルを2023年3月までに投入することを明言しました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

「RX-8」以来のロータリーエンジン搭載車とは

 マツダの丸本明社長は2023年1月4日、年頭の挨拶をかねて広島市内で記者会見をおこない、広島地元メディアである中国新聞によると、電気自動車の「MX-30 EVモデル」に発電用モーターとして「ロータリーエンジン」を搭載した新型車を2023年3月までに投入することを明らかにしたというのです。

ついにマツダのロータリーエンジンが復活する!
ついにマツダのロータリーエンジンが復活する!

 この件について同日、マツダ本社広報部に事実確認したところ、これまでに(中期経営計画や新たな技術・商品方針などで)公表してきた内容に沿った発言という回答でした。

 マツダの中期経営計画を振り返ってみると、現行の計画は2019年11月1日に発表されており、そのなかで電動化については「マルチ×EV化」という表現で「商品化に向けて開発中」としていました。

 また、新商品の導入プランを示したロードマップでは、バッテリーEVについて「WITH or WITHOUT RANGE EXTENDER(レンジエクステンダー搭載車と搭載なし)」という表記があり、同計画の発表時点で、事実上、MX-30 レンジエクステンダーを指すことをマツダ側は認めていました。

 さらに、2020年11月9日には中期経営計画見直しを発表。「この先2年」をブランド価値向上への投資の足場固めの時期として、車体とパワートレインについて4つの領域を示しています。

 4つのうち3つは、縦置きアーキテクチャー、直列6気筒エンジン、プラグインハイブリッド/48Vマイルドハイブリッドで、これらはすでに新型「CX-60」で実現しています。

 もうひとつが、ロータリーエンジン技術を活用したマルチ電動化技術です。その投入について、2020年度から数えて2年目となる2022年度末(2023年3月)になるということを、今回の年頭会見で示した形となりました。

 マツダのロータリーエンジン車は、「13B-MSP」型(通称RENESIS)搭載の「RX-8」(2003年4月発売、2012年生産終了:生産台数約19万台)が最後であり、そこから11年目に復活することになります。

【画像】マツダのロータリーエンジン復活! 次世代ロータリー搭載のスポーツカー「RX-VISION」がカッコよすぎ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. サバンナ(RX-3)が抜けてる

  2. ロードぺーサーも入っていないです。純粋なマツダ車かどうかは別として、ロータリー搭載車ですよね。

  3. ロータリーエンジン復活嬉しいのですが、12Aのオーバーホール部品を是非出して欲しいです。