同車種で価格差「300万円以上」!? マツダ高級SUV「CX-60」”超豪華”版と”廉価”版の違いとは?

マツダから2022年9月15日に発売された新型SUV「CX-60」。ベーシックなグレードと最上級グレードを比べると、じつに約327万円もの差があります。どう違うのでしょうか。

マツダの新型高級SUVは「豪華版」も「廉価版」も用意?

 マツダが2022年9月15日に発売した新型SUV「CX-60」は、高い安全・環境性能を持ちながら、マツダデザインとクラフツマンシップの上質さをまとわせた、プレミアムSUVです。
 
 グレードのラインナップが豊富であることもひとつの特徴で、パワートレインは4種類から選べ、グレードは16種類を用意するという幅広いバリエーションを持っています。
 
 そんな新型CX-60ですが、ベーシックなグレードと最上級グレードではかなり大きな価格差があります。

マツダ「CX-60」の「最上級モデル」と「ベーシックグレード」を比較!
マツダ「CX-60」の「最上級モデル」と「ベーシックグレード」を比較!

 新型CX-60は、まず3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボとモーターを搭載した48Vハイブリッド搭載モデル(以下ディーゼルハイブリッド車)から先行発売されました。

 このディーゼルハイブリッド車以外にもパワートレインはあと3種類あり、2.5リッターガソリンエンジン搭載モデル(以下ガソリン車)、3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボ搭載モデル(以下ディーゼル車)、さらにプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」搭載モデル(以下PHEV車)を設定しています。

 なお、ディーゼルハイブリッド車以外については、12月以降に順次展開されていく予定としています。

 シリーズ中もっともベーシックなのが、ガソリン車の「25S S Package(以下ベーシックモデル)」。価格(消費税込)は2WD車が299万2000円、4WDが321万7500円の設定です。

 一方、最上級モデルではPHEV車の「PHEV Premium Sports」「PHEV Premium Modern」の両モデル(以下最上級モデル)となり、ともに価格(消費税込)は626万4500円と、327万2500円もの差が開いています。

 この価格差の理由としてはパワートレインの違いもありますが、内外装もかなり仕立てが異なっています。

 ベーシックモデルでは、エクステリアのバンパー下部やサイドガーニッシュなどが無塗装樹脂となるのに対し、最上級モデルではボディ同色もしくはグロスブラックとなり、ツヤ感が増して高級感がアップしています。

 さらに、標準装備のホイールがベーシックモデルでは18インチサイズですが、最上級モデルは20インチとなり、加えてブラックメタリック塗装や切削加工のものが装備されており、足元からも雰囲気はかなり異なった仕様です。

 そのほか、ベーシックモデルではオプション設定すらないパノラマサンルーフが最上級モデルには標準で装備されていたりと、エクステリアだけ見ても価格なりの差別化が図られています。

【画像】どの仕様が好み? 「豪華内装」に「ベーシック仕様」とラインナップ多数! マツダ新型CX-60の両端グレードをチェックする(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 宣伝ありすぎて読む気にならんわ