トヨタ「ランクル70」来年お披露目!? 新型or再再販どっち? 70年ぶり悲願の自衛隊採用の噂も

トヨタ「ランドクルーザーシリーズ」は世界中で人気が高いモデルです。そのなかで、現在は海外を中心に展開されているランドクルーザー70が2023年に日本導入の動きが出ています。

2023年にランクル70が日本再導入? どんな話なのか

 トヨタ「ランドクルーザー40」の後継車として1984年のデビューから基本設計が変わらない「ランドクルーザー70」(以下ランクル70)。
 
 そんなランクル70ですが、2023年に再再販されるという噂が出ているようですが、どうなのでしょうか。

現在も海外の一部市場で販売されているトヨタ「ランドクルーザー70」に日本復活の動きが出ているという(画像:ピックアップ/オーストラリア仕様)
現在も海外の一部市場で販売されているトヨタ「ランドクルーザー70」に日本復活の動きが出ているという(画像:ピックアップ/オーストラリア仕様)

 ランクル70は、非常に堅牢で耐久性と信頼性が高いオフロード車として知られる、世界中で高い評価を得ている4×4です。

 日本では2004年に販売が終了しましたが、世界では相変わらず活躍しており、新車販売もおこなわれています。(あまりにも多くの注文に対応しきれず、注文を停止している国もあります)

 その後、ランクル70は2014年には「デビュー30周年」を記念して日本でも2015年6月末までの1年限定で販売された経緯があり、その際も大きな話題となりました。

 さらに、ランドクルーザー生誕70周年となった2021年8月1日にはランクル70向けの70周年特別仕様車のパーツ(車両部品や用品)を発売するという動きもありました。

 また、かつてランドクルーザーシリーズのブランド担当者は、ランクル70について次のように話していました。

「現在、グローバルでの70系は、中東やオーストラリア、南アフリカなど過酷な環境下で使われることが多いです。

 70系はバン以外にピックアップトラックも設定されており、さまざまな用途で使えることが支持されています。

 このようなランドクルーザーの根幹となる『信頼性・耐久性・悪路走破性』が評価され続けているのはもちろん、最近のクルマでは味わえない『操る喜び。楽しさ』もユーザーからは評価されている部分です。

 日本の中古市場では、70系を購入する若年層も多く、2014年の復刻では大きな反響がありました。

 最近でも復刻の要望を頂いているのは承知しています。

 復刻に関して、燃費や排出ガスなどクリアしなければならない問題は多いのは事実ですが、それは我々が技術で解決しなければいけないことです。

 長く待っていただいているお客さまに対して、本当は出していかなきゃいけないという役目があるとは思っています」

※ ※ ※

 このような話もあったなかで、ランクル70が2023年中に国内再販される可能性が高まっています。

 これまでも何度かランクル70再販の噂は出ていましたが、2023年発売に向けて、各所の動きがあわただしくなっています。

 まずランクル70に限らず、これまでトヨタ海外専用車の国内販売に関して深くかかわってきたディーラーとの関係について説明します。

 そのディーラーとは群馬トヨタ(本社:群馬県高崎市)です。

 群馬トヨタは「RV Park」という本格的な11のセクションからなるオフロードコースがあり、公式サイトによると「梯子車体」(ランクルなど堅牢な4×4を象徴するラダーフレーム)の試乗車でオフロード走行体験も可能とのこと。

 その群馬トヨタでは過去に海外専用車両を展示していち早くイベントを開催したり、それらのクルマをベースにしたカスタムカーを東京オートサロンに出展したりして、その数か月後に実際にトヨタ自動車から国内販売されたという例がこれまで3件あります。

 ●FJクルーザー(2010年国内発売)

 海外専用のFJクルーザーは日本に並行輸入車として輸入され人気を博しました。

 2010年に日本でもトヨタ自動車から正規販売されることになったのですが、群馬トヨタでは国内販売が決定する前から「RVパーツショー」に左ハンドルの並行輸入車を展示したり、アメ車系インフルエンサーや芸能人に貸し出したりして盛り上げてきました。

 ●ランドクルーザー70(2014年―2015年の1年限定)

 ランクル70が期間限定で復活した年、2014年1月の東京オートサロンに群馬トヨタから76バンと79ピックアップの2台をベースにしたカスタムモデルが出展されました。

 このときも国内再販は発表されていませんでしたが、そのおよそ7か月後に出展車両とおなじモデル、2車種が国内販売を開始しました。

 ●ハイラックス(2017年国内発売)

 ランクル70と同じく2004年に国内販売を終了したハイラックスも海外での生産、販売が続いていました。

 国内での販売を望む声が多く、2017年に13年ぶり販売となったのですが、2017年1月のオートサロンに群馬トヨタでは2台のハイラックスを出展しています。

※ ※ ※

 海外のランクル事情に詳しいとある業者さんは次のように話しています。

「群馬トヨタのカスタムモデルはその多くがフレームナンバー無しの状態。

 つまり、トヨタが工場出荷の状態でカスタムモデルのベース車両を群馬トヨタに出していることになります。

 FJクルーザーのときは違ったと思いますが、トヨタが作った試作車のような車両を群馬トヨタに提供しているというのではないでしょうか」

【画像】これが日本に来るのか? ファン歓喜のランクル70の実車がコレ!(53枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 自衛隊で採用されてる通常車両だと、北海道では先代の角ばったエクストレイルがいっぱい走ってる。ランクルだと旧型パジェロの方の後継機かな?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー