ホンダが2024年春「軽バンEV」100万円台で発売へ 「商用」から「レジャー」まで使えるモデルに

ホンダは日本市場向けに軽商用EVを2024年春に発売すると発表しました。軽バン「N-VAN」をベースに廉価な設定とする予定です。

市販化に先駆けビジネス現場での実証実験も予定

 ホンダは2022年12月7日、軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」をベースにした新型軽商用EV(電気自動車)を、2024年春に発売すると発表しました。

ホンダが日本市場向けに2024年春に発売予定の軽商用EVは軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」がベース
ホンダが日本市場向けに2024年春に発売予定の軽商用EVは軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」がベース

 ホンダは、2050年に同社が関わる全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現を目指しており、四輪車では2030年までにグローバルで30種類のEV展開を予定しています。

 そんななか軽自動車の普及率が高い日本市場においては、まず軽EVの普及が優先とし、その第一弾として軽商用EVを発売するに至ったと説明します。

 新型軽商用EVのベース車となるのは、2018年に誕生した軽商用バンのN-VANです。

 大容量の荷室空間と、助手席側のセンターピラーレスが実現する荷室空間の使い勝手の良さ、アレンジ力の高さが特徴。

 新型軽商用EVでは、こうしたN-VANの使い勝手のよさはそのままに、EVならではの高い静粛性や、ストップ&ゴーの多い交通環境に適した、力強い加速を実現します。

 ホンダでは、近年需要が高まる街中でのラストワンマイル配送などの商用利用に加え、個人ユーザーの日常使いにも柔軟に対応する、日本の暮らしになじむEVとなることを目指すとしています。

 EVの航続可能距離は200kmを目標とし、価格についてもガソリン車と同等の100万円台から設定する予定です。

 今後、2024年春の発売に向けさまざまなビジネス現場における実用性の検証を予定しているといい、先行してプロトタイプモデルによる公道テストも行われる模様です。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】「遊びにも使える!」 2024年春発売予定のホンダ新型「軽EV」を写真で見る(13枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント