「マジ高級車!」ホンダの新型SUV「ZR-V」上質な内外装に驚く人続出!? 加速もスゴすぎ?

ホンダが2023年4月に発売予定の新型SUV「ZR-V」。実車を見たり試乗したりした人がSNSでその印象を投稿しています。

新型「ZR-V」まるで高級輸入車みたい!?

 現在、ホンダのSUVには「ヴェゼル」がラインナップされていますが、それよりも大きなSUVとして新型「ZR-V」が追加されます。

 2023年4月21日発売予定となっている新型ZR-Vですが、ホンダの販売店では試乗車や展示車が配備されているところもあり、実際に見たり乗ったりした人が新型ZR-Vの印象についてSNSに投稿しています。

“シビックSUV”として投入されるホンダ新型「ZR-V」
“シビックSUV”として投入されるホンダ新型「ZR-V」

 外観については、「質感高い!色も含めマセラティ『レヴァンテ』みたいでカッコよかった!400万円台でよくぞここまで作ったなぁと感動しました」「ZR-V、今までのホンダに無いデザインでカッコいいやん。前がマセラティぽくてリア周りがベンツっぽい」など、イタリアやドイツの高級ブランドにも通じるエクステリアデザインを評価する投稿が見られました。

 内装に関しても「ZR-Vの何がびっくりって、マジ高級車。レクサス『NX』より好み。内装が本当に上質」「アイポイントは高すぎないところが良い。視界感は抜群」「私には少し硬めの乗り心地が快適で、アイポイントが高く、とても運転し易かったです。改めて見る内装は質感モンスターでした」と、高級車のような上質感のあるインテリアのほか、乗り降りしやすく、それでいて視界も広く確保されている点に注目するコメントも。

 新型ZR-Vはセダンライクな乗車姿勢とすることで、ドライバーは踏ん張りの利いた姿勢を維持することが可能になるとともに、良好な視界でコーナー先の予測や街中での右左折の状況が判断しやすくなっているといいます。

 さらに実際に試乗した人の感想も書き込まれています。

「乗り心地、静粛性、加速すべてバッチリ。クセが強いと思ったフロントも慣れるとアリ。全体的に完成度高いです」「ZR-Vと新型ヴェゼル試乗しました! 先代ヴェゼルからの進化と、ZR-Vの加速力に驚きました! ZR-V、ほんとにいいクルマだ」など、加速力がスゴいという感想を抱いた人が見受けられます。

 パワーユニットは1.5リッターターボと2リッターハイブリッド(e:HEV)を用意。現行「シビック」譲りの、クルマとドライバーが直結しているかのような一体感のある走りが楽しめるといいます。

 なかでも、SUVに初搭載された「スポーツe:HEV」は、新世代の2モーターハイブリッドシステムを新型ZR-Vに最適化。3リッターV型6気筒エンジン以上のトルクで上質で爽快な走りを実現します。

 ほかにも、「ZR-V e:HEV、燃費良いくせに燃料タンク57Lあるのずるい。余裕でワンタンク1000キロ走るやん」という投稿も。

 e:HEV(X・FF)のWLTC燃費は22.1km/Lとなっており、カタログ上1回の満タン給油で最大1259km走行できる計算になります。

 意のままの走りが楽しめるとともに、低燃費でロングドライブもこなせる新型ZR-Vに早くも注目が集まっているようです。

【画像】まるで高級輸入車!? 上質感ハンパない新型「ZR-V」の内外装を写真で見る(31枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント