トヨタの新型コンパクトEV「bZコンパクトSUV」は「C-HR」後継車!? ハイブリッド仕様の登場はあるのか

トヨタが米国で初披露したコンパクトSUV型のBEV(電気自動車)「bZコンパクトSUVコンセプト」が早くも話題です。「欲しい」との声がSNS上であがるなか、同じカテゴリーのガソリン車「C-HR」との共通性を指摘する声も見られるようです。

コンパクトSUVの新型EV出現に「次期C-HRどうなる!?」の声も

 トヨタは2022年11月17日、バッテリーEV(BEV:電気自動車)のコンセプトカー「bZコンパクトSUVコンセプト」を米国で初披露しました。

 SNS上では早くも「欲しい」といった声が集まっていますが、一方で「C-HR後継車では」との見方もあります。どのようなクルマなのでしょう。

米国で2022年11月17日に初公開されたトヨタの新型BEV(電気自動車)のコンセプトカー「bZコンパクトSUVコンセプト」
米国で2022年11月17日に初公開されたトヨタの新型BEV(電気自動車)のコンセプトカー「bZコンパクトSUVコンセプト」

 bZコンパクトSUVコンセプト(以下、bZコンパクトSUV)は、日常生活で使いやすい小型サイズSUVのコンセプトカーです。

 その名が示す通り「コンパクトSUV」カテゴリーに属するBEVで、クリーンで躍動感あるスタイリングと、サスティナブルな素材を積極的に使用したというインテリアが特徴です。

 室内の異形ステアリングこそ未来的ですが、外装デザインなどは現実味があり、そのまま市販化されても違和感はなさそうです。

 SNS上では早くも「カッコいい」「新型プリウスよりこちらのほうが魅力的」「いつ出るの」など、新型bZコンパクトSUVが気になるという多くの声を見ることができます。

 また「新型C-HRにみえた」「新型プリウスが発表されたのだから、C-HRの新型もいずれ出るはず」と、まだ見ぬ新型C-HRと、新型bZコンパクトSUVの姿を重ね合わせ、期待と想像をふくらませている声も散見されます。

 C-HRは、2015年12月に発売された先代(4代目)プリウスで新開発されたTNGA GA-Cプラットフォームを使用したコンパクトSUVで、2016年12月に発売を開始しています。

 5代目の新型プリウスが11月16日に世界初公開され、「次はC-HRの新型か!?」と期待が高まる絶妙なタイミングで現れた新型bZコンパクトSUVが注目されるのは、当然といって良いでしょう。

 トヨタではbZコンパクトSUVについて、2023年以降に続報を発表するとしており、今後同車をベースにした市販BEVのニューモデルが登場することを示唆しています。

 投入される国や地域については明らかにされていませんが、先行発売したBEV「bZ4X」に比べコンパクトなサイズなのは間違いなく、日本導入も有力視されるところです。

 なお2022年11月中旬現在、新型bZコンパクトSUV、もしくは新型プリウスをベースにしたハイブリッド(HEV)のコンパクトSUVが登場するかどうかについて、トヨタからは一切の発表がありません。

※ ※ ※

 中国市場では、現行型C-HRをベースにしたBEVモデルが2020年に発売を開始していて、HEVモデルと同時に販売されています。

 そんなことも、同じコンパクトSUVカテゴリーに属する新型bZコンパクトSUVと、次期C-HRに関連性があるのではと想像を膨らませてしまう一因となっています。

 bZシリーズはEV専用モデルのラインナップですが、ガソリンエンジン車用プラットフォームと一部のコンポーネントを共用しているといい、bZコンパクトSUVをベースにしたHEV仕様の同時開発も、まったくの絵空事という訳でもなさそうです。

 まだ見ぬ新型C-HRの登場など、今後の新たな展開に期待したいところです。

【画像】「似てる」「似てない!?」トヨタコンパクトSUV「bZコンパクトSUV」と「C-HR」を写真で見る(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント