トヨタ新型「プリウス シャコタン」出来た! より「速そうな仕様」がカッコいい!? 市販後「やる人」いるかも? 予想してみた!

強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたクルマを目指して開発されたトヨタ新型「プリウス」をあえてシャコタン仕様にしてみました!

もう新型プリウス「シャコタン」にしました!

 2022年11月16日、トヨタは新型「プリウス」を世界初公開しましたが、さっそくシャコタン仕様にしてみました。
 
 そのままの車高でもスタイリッシュかつスポーティな見た目ですが、シャコタン仕様にするとどのような変化があるのでしょうか。

これは…マジでかっこいい! 車高を落とした新型プリウス! 納車後真似する人も出るのでは?(画像:シャコタン仕様)
これは…マジでかっこいい! 車高を落とした新型プリウス! 納車後真似する人も出るのでは?(画像:シャコタン仕様)

 新型プリウスのエクステリアは、感性に響くスタイリッシュなデザインを目指したといいます。

 プリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や、19インチ大径タイヤの採用よってよりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わりました。

 シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現しているといます。

 ボディサイズ(先代比)は、全長4600mm(+25mm)×全幅1780mm(+20mm)×全高1420mm-1430mm(-40mm)、ホイールベース2750mm(+50mm)となり、全体的に大きくなりました。

 フロントフェイスは、ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立するとともに、、リアデザインは薄型一文字のリヤコンビネーションランプを配することでプリウスの持つ先進性をさらに引き立てます。

 また、ボディカラーは全8色を設定。うち2色は、スポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規に開発。

 新型プリウスのパワートレインは、全刷新した1.8リッターハイブリッド車、国内初搭載となる2リッターハイブリッド車、2リッタープラグインハイブリッド車をラインナップしています。

 走行性能では、GA-Cプラットフォームの改良や各ボディ骨格の強化、フロント/リアのサスペンション性能向上などにより、優れた操縦安定性/快適な乗り心地/高い静粛性を実現しました。

 そんなプリウスですが、歴代モデルではカスタマイズするユーザーも少なくなく、一部では車高を下げるカスタマイズ「シャコタン」をする人も存在します。

 SNSでは「スポーティになってめちゃカッコいい」、「これは速そう」、「新型プリウスの加速性能、先代86並みだってよ」、「馬力も加速もスポーツカーよりすごい」、「PHEVは0-100km/hが6.7秒…」など、見た目や速さに関する投稿が見かけられます。

 では、新型プリウスをあえてシャコタンにすると、どのようなスタイルになるのでしょうか。

 新型プリウスの最低地上高に関して、関係者による情報では145mm-150mmだといい、フェンダー内の隙間(通称:絶対領域)にはコブシ一個分入ります。

 新型プリウスを程よく車高を低くし、絶対領域の部分を約指二本分とすることで、さらにスポーティな印象が与えられました。

 またボディに加工は施していないものの、車幅がさらにワイドに強調され、スタイリッシュな雰囲気も増しています。

 今回、製作した新型プリウスシャコタンは純正スタイルを崩さず、ホイールも純正のものを活用していますが、エアロやホイールを社外品に変えることで、さらなるイメージチェンジも可能です。

 そんな新型プリウスの発売は、ハイブリッド車は2022年冬、プラグインハイブリッド車は2023年春頃に発売を予定しています。

 実際に納車された際には、このように車高を下げたカスタマイズをするユーザーも出てくるかもしれません。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】これが新型プリウスシャコタン仕様だ! マジでカッコいい実車を見る!(38枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. プリウス車高下げるとガリガリバンパーがあたるようになって乗りにくくなって後悔する事になる

  2. 踏切とか立体駐車場で腹下から火花出してそう。場合によっては器物損壊。車が壊れるのはどうでもいい。