「タクシー値上げ」実施 ドライバーはどう思う? 運賃改定に対する「現場の声」とは

東京ハイヤー・タクシー協会は、東京23区および武蔵野市・三鷹市内を運行するタクシーの料金について、2022年11月14日から新運賃を適用しています。実際に23区内を運行するタクシーのドライバーはどう感じているのでしょうか。

東京23区・三鷹市・武蔵野市のタクシーが運賃を改定

 東京ハイヤー・タクシー協会は、東京23区および武蔵野市・三鷹市内(東京都特別区・武三交通圏)を運行するタクシーの運賃を2022年11月14日から改定しました。
 
 実際に23区内を運行するタクシードライバーはどう感じているのでしょうか。ドライバーに直接聞いてみました。

23区・武蔵野市・三鷹市のタクシーは19年ぶりに運賃改定がおこなわれた(画像はイメージ)
23区・武蔵野市・三鷹市のタクシーは19年ぶりに運賃改定がおこなわれた(画像はイメージ)

 東京ハイヤー・タクシー協会では、今回の改定は平成19年度に実施した運賃改定以来約15年ぶりの改定となりました。

 これまでの運賃は、1.052kmまでの初乗りが420円で、以後233mごとに80円、または10km/h以下の走行では1分25秒ごとに80円ずつ料金が上がっていくという運賃体系を取ってきました。

 今回の改定は2022年11月14日に出庫する車両から適応となり、初乗りと加算の両方が値上げに。

 初乗りの距離は1.096kmまでとなり、メーターが上がるまでの距離は伸びましたが80円高くなり500円に上昇。

 同様に、加算運賃もメーターが上がるまでの距離は伸びましたが255mごとで100円と20円高くなっています。さらに、10km/h以下の走行では1分35秒ごとに100円と、時間は伸びましたがやはり10円の値上げとなっています。

 今回の改定の理由について東京ハイヤー・タクシー協会は、「人件費や燃料費の高騰、安心、安全、快適なサービス提供のための投資の増加や、乗務員に対する安全に関わる経費の増大」などが理由だと説明します。

 この料金改定によりもっとも影響を受けるのは利用客ですが、サービスを提供する側のタクシードライバーたちも改定により営業の状況が変わると考えられます。

【画像】ジックリ見たことない!? タクシー専用設計のトヨタ「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を細かくチェック(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. タクシーも料金の自由化をしたら良いと思うんですよ。あとは付加サービスで料金を取るとか。利用する側も乗れればどうでもいい人から、快適さを求める人まで様々でしょうし。そもそも、地域ごとに料金が決まっているってのは他の業態では談合常態で、業界団体や行政がそれを強制するのは可怪しいのでは?。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー