レクサス顔「トヨタミニバン」の実車を展示! アルファードより存在感凄い! 赤ボディ「LMシエナ」米で公開! 製作者の想いとは

日本でのラージサイズミニバンといえばトヨタ「アルファード」が代表的ですが、米国ではアルファードを凌駕するトヨタ「シエナ」が存在します。そのシエナをレクサス「LM」風に仕立てたカスタムカーがSEMAショー2022でお披露目されました。

SEMA会場唯一のミニバン? 「LM風シエナ」とは

 トヨタのミニバンといえば「アルファード」や「ノア/ヴォクシー」「シエンタ」がイメージしやすいですが、米国では「全長5mを超える「シエナ」が販売されています。
 
 そんなシエナをレクサスの高級ミニバン「LM」風に仕立てたカスタムが世界最大級のSEMAショー2022でお披露目されました。

これがトヨタ「シエナ」なの? レクサスLM風のフェイスデザインに全米が驚愕! SEMAショー2022で見つけた凄いカスタムとは?(撮影:加藤博人)
これがトヨタ「シエナ」なの? レクサスLM風のフェイスデザインに全米が驚愕! SEMAショー2022で見つけた凄いカスタムとは?(撮影:加藤博人)

 アメリカでは現在、新車として販売されているミニバンはトヨタ「シエナ」、ホンダ「オデッセイ」、クライスラー「パシフィカ」、キア「カーニバル」などがあります。

 2021年の販売ランキング1位はシエナでシェア34.4%。2位はオデッセイとパシフィカが同率で28.8%となっており、ミニバンが生まれたアメリカで日本ブランドのミニバンが半数以上のシェアを獲得していることがわかります。

 しかしアメリカにおける自動車販売台数のミニバン販売シェアはわずか2%にも満たない数字で今や軽自動車を入れると半数近くがミニバンという日本の新車販売状況に比べると大変少ない状況になっています。

 また、日本とアメリカで異なるミニバン事情としてもうひとつ特筆すべきことがあります。

 それは、日本ではミニバンにエアロパーツを装着したり、足回りやホイールを交換したりして乗る人が大勢いるのに対して、アメリカではほとんど見かけることがありません。

 アメリカにミニバンが誕生して40年が経過していますが、「サッカーマム(サッカー場へ子どもたちを送迎するためのクルマ)」というミニバンをわざわざカスタムして乗る、という発想がそもそもアメリカ人にはないのかもしれません。

 その証拠に近年のSEMAショーでもカスタムミニバンを見かけることはめったにありませんが、2022年のSEMAショーで筆者が認識できたのは、シエナのカスタムモデルただ1台だけでした。

 しかしこのシエナは、希少性もさることながらなかなか強いインパクトがあります。

 まずはその見た目です。

 フロントグリルをレクサスが中国をはじめアジアの国々で販売している高級ミニバン「LM」(風)のグリルにスイッチされているほか、エンジンルームにはHKSのスーパーチャージャーの姿を見ることができます。

 細かい点にもこだわりがあり、後ろのエンブレムはなんと、トヨタマークではなくネッツ車種につけられていたエンブレムがついています。

 もちろん、シエナが日本で正規販売されたことはないうえ、ネッツ店で販売されていた車種でもないです。

 トヨタのエンブレムを外してあえてネッツのエンブレムを付けるところにオーナーのこだわりが見て取れます。

 ぜひとも詳しい話を聞きたいと思い、調べたところシエナが展示されていたのは「SPYDER 」の屋外ブースでした。

 SPYDERとはカスタムライト類(ヘッドライト、テールライト、フォグランプなど)の超有名メーカーです。

 LM顔のシエナはSPYDERブースのデモカーとして展示されていましたので担当者に聞いてみたところ、このシエナはオーナー車両とのこと。SEMA 最終日の搬出のタイミングを狙ってオーナーに話を聞くことができました。

【画像】アルファード超えた! 全長5m超えの「LMシエナ」が凄い! 公開された実車を見る!(46枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー