新型「SUVワゴン」初公開 ! ゴツ顔「デリカミニ」を軽規格で2023年発売へ

2022年11月4日、三菱は新型軽スーパーハイトワゴン「DELICA MINI(デリカ ミニ)」を先行発表しました。東京オートサロン2023で実車披露したあと、2023年初夏に発売する予定だといいます。

初代「デリカ」誕生55周年の2023年初夏にデリカ3兄弟が勢ぞろい

 三菱は2022年11月4日、2023年初夏に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「DELICA MINI(デリカ ミニ)」を先行発表しました。
 
 自社のスペシャルサイトでお披露目していくほか、2023年1月に開催予定の「東京オートサロン2023」で一般公開する予定です。

三菱が2023年初夏に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」
三菱が2023年初夏に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」

 新規の車名となる新型デリカミニですが、2020年3月に登場した「eKクロス スペース」をベースに、大幅なデザイン変更を実施したものです。

 三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」は、力強さを強調する形状が特徴で、従来のeKクロス スペースでも採用されていました。

 しかし新型デリカミニでは、半円形のポジションランプを内蔵したヘッドライトと組み合わせることで、力強さと親しみやすさを兼ね備えた表情となりました。

 フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには、立体的な「DELICA」ロゴを加飾し、新たなデリカファミリーの一員であることを主張します。

 また、ブラックのホイールアーチや前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を採用し、SUVが持つ走破性の高さや力強さを表現しています。

 足元を引き締めるアルミホイールはタフさを表した形状で、スタイリッシュさも併せ持つダークシルバー塗装仕上げです。

 ボディカラーには、新開発色として「アッシュグリーンメタリック」を設定。三菱では「都会からアウトドアレジャーまであらゆるシーンに馴染む新色」だとし、新型デリカミニのコンセプトに合わせて説明します。

※ ※ ※

「DELICA(デリカ)」の車名は、1968年発売の「デリカ トラック」や、翌1969年の「デリカ バン」(商用バン)「デリカ コーチ」(乗用ワゴン)から開始され、以来長い歴史を持つブランドです。

 現在販売されているのは、コンパクトハイトワゴン「デリカ D:2」と、クロスオーバーミニバン「デリカ D:5」。

 新型デリカミニの登場予定は、最初のデリカ誕生からちょうど55周年を迎える2023年の初夏の予定です。

 デリカミニの追加で、大小のデリカ3兄弟シリーズが勢ぞろいすることとなります。

三菱・デリカD:5 のカタログ情報を見る

【画像】これぞ「ミニデリカ!」 新型「デリカ ミニ」を写真で見る(63枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. ekスペースと少し違うだけのようだが?
    ジムニー位尖らないと、軽3社に勝てない。
    日産のアドバイスを聞くと、マーチを代表するように微妙な車になる。
    パワートレーンをEVかPHEVで、4WDで出すなら素敵だと思う。

  2. デザインはカッコいいのだが、スズキのスペーシアギアと同じやり方で、ekスペースのバリエーションにしか見えない。
    デリカを名乗るならばサスペンションにも手をいれて、最低地上高を180~200㍉くらい確保して悪路の走破性を上げて欲しいと思う。

    • ものすごく、
      熱く、
      賛成!!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー