ロンブー亮、スズキ旧車「カルタスGT-i」修理完了を報告! 「よく部品が…」と反響

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、トラブルが発生していたスズキ「カルタス 1300GT-i」の修理が完了したと自身のYouTubeチャンネルで報告しています。

ロンブー田村亮さんの「カルタス 1300GT-i」が復活!

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、自身のYouTubeチャンネルを更新。修理に出していた初代「カルタス 1300GT-i」(以下、カルタス GT-i)が帰ってきたことを報告しました。

スズキ初代「カルタス GT-i」
スズキ初代「カルタス GT-i」

 自身のYouTubeチャンネルで「乗らないと後悔するクルマをいろいろ購入する」という企画を行っている田村さん。

 このカルタスは、その企画のため2022年春に購入したクルマです。当初はその運転を楽しみつつも、夏頃からは部品にトラブルが発生。エアコンが動かなかったのを機に、しばらく修理に出されていました。

 今回の動画では、修理から戻ったカルタスを公開。フロントバンパーに付いていた傷はすっかりキレイになっており、外装はピカピカです。

 続いてチェックしたのは肝心のエアコン機能について。以前の動画では、壊れた部品を探すのが大変という話でしたが、同じくスズキの「ジムニー」と「セルボ」の部品を組み合わせ、なんとか対応したそうです。

 そのままエンジンをかけてみると、無事にエアコンが起動。すぐに涼しい空気を感じて、田村さんは「メッチャクッチャ嬉しい!」と喜びの声を上げました。

 今回の修理費は13万円以上とのこと。企画のこともあって「そろそろ買い換える気持ちにも少しなっている」と漏らしつつも、「まずは一旦カルタスを乗りたいと思います」と改めて宣言していました。

 視聴者からは「カルタスの修理終わって、良かったです」「よく中古部品があって良かった」と喜びのコメントに加え、「たくさん走っていい思い出作って下さい」などと声を掛ける方もいました。

※ ※ ※

 1986年に登場したスズキ「カルタスGT-i」。1.3リッターでは日本初となるDOHCエンジンを搭載。

 クロスレシオの5速MTや、前輪大径ベンチレーテッドディスクブレーキ、強化したサスペンションも採用し、本格的なホットハッチとして人気を博しました。

 1987年には110馬力まで性能が向上。さらに1988年にはフルモデルチェンジした2代目も登場しています。

スズキ・カルタス のカタログ情報を見る

【画像】ロンブー亮さんが旧車愛見せた! 愛車のスズキ「カルタスGT-i」どんな国産ホットハッチ? 画像で見る(8枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー