広がる「急速充電」ネットワーク! 「ポルシェ」「アウディ」両ブランドの急速充電器が相互利用可能に

ポルシェとアウディの日本法人が、両社の急速充電器を相互利用できるサービスを開始します。

ポルシェとアウディの両ブランドによる充電ネットワークの拡充をはかる

 ポルシェジャパンとアウディジャパンは2022年10月13日、両ブランドの急速充電器をそれぞれのオーナーが相互利用できるサービス「プレミアム チャージング アライアンス」の運用を開始しました。
 

充電ネットワーク拡充によりポルシェとアウディ両ブランドのEVはますます便利に
充電ネットワーク拡充によりポルシェとアウディ両ブランドのEVはますます便利に

 プレミアム チャージング アライアンスは、ポルシェとアウディがそれぞれ展開するディーラーネットワークや都市部の急速充電ネットワークを統合。

 両ブランドそれぞれのバッテリーEVオーナーが、急速充電器を相互に利用できるようになります。

 ポルシェは、日本国内のポルシェセンターとポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(千葉県木更津市)に設置している急速充電器「ポルシェ ターボチャージャー」が利用可能。

 そのほか、京王プラザホテル(東京都新宿区)、虎ノ門ヒルズ(同・港区)、ヒルトン名古屋(名古屋市中区)、ナゴヤセントラルガーデン(同・千種区)、LINKS UMEDA(大阪市北区)、あべのハルカス(同・阿倍野区)内に設置している急速充電器を含めると、8拠点14基がすでに稼働しています。

 アウディは、急速充電器「アウディ ウルトラ チャージャー」の設置を全国のアウディディーラーで進めており、2022年末までに52拠点52基を整備する計画です。これにより充電器の数は両ブランド合わせて110拠点121基となります。

※ ※ ※

 ポルシェが販売しているEVは「タイカン」で、2019年9月4日に発表されています。

 アウディはEV専用「e-tron」シリーズを展開。ベースとなるSUVの「e-tron」、フラッグシップの「e-tron GT」に加え、2022年1月17日にはコンパクトSUVの「Q4 e-tron」を発表しています。

 充電器ネットワークが統合されて相互に利用できるようになると、対応する充電スポットを探す作業が減り、ユーザーにとっては大きなメリットです。また、EV普及の後押しにもなるとも考えられ、充電スポットのさらなる拡充が求められます。

【画像】メッチャ速い! ポルシェのEV「タイカン」ってどんなの? 画像で実車を見る(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー